今なら1年間無料キャンペーン中。ポケットWiFi代わりに使えておすすめ

NTTドコモのサブブランド?「ahamo(アハモ)」の料金プランやサービス内容を解説しました

3 min 83 views

2020年12月、NTTドコモから発表された新料金プラン『ahamo(アハモ)』。提供開始は 3月からだが、月に使えるデータ容量に対しての料金が非常に安く、Twitterなどでも話題になった。

我が家は夫婦2人暮らしで。2人とも『LINEモバイル』を契約しているのだが、これを機に乗り換えようかと検討中。せっかくなので料金プランの内訳やサービス内容、契約の方法について記事にしておきたい。

NTTドコモの新料金プラン『ahamo(アハモ)』について

まずは新料金プランの概要から紹介しておきたい。

NTTドコモが 2020年12月3日に発表した新料金プラン『ahamo(アハモ)』は、従来の複雑な料金プランとは違い、選択肢が月2,980円のみというシンプルかつ安価な料金のプランで、手続きは店頭で行うのではなく、すべてオンラインで行う。

サービスの提供開始は 2021年3月から。今後 au や SoftBank といった他のキャリアからも同様の料金プランが提供されることも考えられるが、通信品質などを考慮しても現状最もコスパの高いサービスであることは間違いない。

これは余談だが、au でいう『UQモバイル』、SoftBank でいう『ワイモバイル』といった感じでドコモは ahamo をサブブランド的な位置づけで提供しようとしていたのではないかという疑問の声も多いサービスでもある(政府からの指導を受けて最終的に折れた形かもしれない)。

5Gネットワークが月20GBで2,980円!?『ahamo(アハモ)』の料金やサービス内容など

WiFiサービスに特化したサイトを運営している私が「サービス開始になったら契約したい」と感じてしまうほどお得なサービス ahamo について、料金やサービス内容などを詳しく紹介しておこう。

料金はシンプルに、月額2,980円のプランのみ

サービス名ahamo(アハモ)
月額料金2,980円
新規契約事務手数料無料
MNP転出手数料無料

ahamo の料金プランは非常にシンプルで、月額2,980円のプランのみ。

従来は端末とのセット割引や契約期間に応じて月額料金が段階的に値上げされたりといった感じで複雑な料金プランが多かったが、ahamo に関してはそういった類のことは一切なく好印象。

なお、端末のラインナップは発表されていないのでここでは詳しく紹介できないが、個人的には端末が SIMフリーでかつブランドロゴの記載がないことを期待したい(docomoのブランドロゴはダサい)。

月に使えるデータ容量は20GB。「5G」にも対応し、速度制限時でも、最大1Mbpsで利用可能

データ容量月20GB
ネットワーク4G/5G
速度制限下り最大1Mbps

ahamo で月に使えるデータ容量は 20GB。私が利用している『LINEモバイル』は月1,600円ほどで 3GBしか使えないことを考えれば、これだけで乗り換える価値があると言える。

また、ネットワークに関してもドコモ回線の 4G 及び 5G に対応しており、かなり高速であることが期待できる。保証されるわけではないが、速度制限時でも下り最大 1Mbps と YouTube のフルHD 動画くらいならストレスなく見れる速度を維持してくれるのも嬉しい。

LINEモバイルは LINE や Twitter、Instagram といった各種 SNS の利用時にはデータ通信量が消費されないのだが、私の場合は月20GBもあれば使い切ることはなさそうだし、速度制限時にもある程度の速度を維持してくれるのであれば問題なし。

1回あたり5分以内の国内通話が無料

LINEモバイルに限らず、格安SIM は電話料金が無料となるオプションに加入していなければ基本的には通話料金がかかってしまう。

私自身、電話が多くなった月は 3,000円近く支払うことになったこともあるので、意外と見逃すことはできないのだが、ahamo は 1回あたり 5分以内の国内通話が無料となる。

私の場合はちょっとした連絡くらいなら 5分もあれば十分だし、これはかなり嬉しい。

海外82の国々、地域で追加料金なく利用可能

月20GB の範囲内であれば、対象の国や地域では追加料金が無料となる点も見逃せない。

海外旅行が多い人なんかは別途プリペイドの SIMカードやポケットWiFi などを契約する人も多いと思うが、ahamo を契約していればそういった面倒な手続きも不要となる。

なお、速度制限時に最大 1Mbps の通信速度が維持される点も国内利用時と同じなので、長期の滞在でない場合は問題ないはず(海外利用の日数が 15日を超えると速度制限がかかるのには注意)。

【先行エントリー受付中】契約は専用サイトから。オンラインでの受付のみで、店舗での受付は行っていない

ahamo の提供開始は 2021年3月からの予定だが、すでに先行エントリーの受付を開始している。

提供開始の前日までにエントリーを済ませていると dポイントが 3,000円分もらえるので、気になっているという人は忘れずに手続きをしておこう。

なお、契約は専用のサイトからのみの受付となっており、ドコモの店舗での受付は行っていない。サービス開始後 5月まではドコモユーザーであっても MNP の予約番号などが必要となってくる点にも注意が必要だ。

ドコモショップなど、店頭でのサポートを受けることはできない

受付に限らず、すべての手続きがオンラインで行われる点も ahamo の特徴の1つ。

このあたりはサブブランドというよりは格安SIM をイメージしてもらえるとわかりやすいのだが、スマホやネットに関しての知識が乏しい人には契約をおすすめできない。

これまでに格安SIM を利用していた人など、ある程度の知識がありトラブル時にも自分で対応できる人は安定して高速な通信速度が期待できるため、契約を検討することをおすすめしたい。

ドコモの新料金プラン『ahamo(アハモ)』についてのまとめ

というわけで 2020年12月に発表されたばかりの新料金プラン『ahamo』を紹介してみた。

ドコモの 4G/5G ネットワークを安定した速度で月2,980円で使えるという点で、現状ではかなりコスパの高い料金プランとなっている。

サービス開始は 2021年3月からを予定しているが、すでに先行エントリーを受付中。今なら dポイントがもらえるキャンペーンも実施中だし、契約を検討している人はぜひ以下のリンクから公式サイトをチェックしてみよう。

なお、サービス開始までにもうしばらく期間があるため、各社の動きにはこれからも目が話せない。各社の新料金プランについては以下の記事で紹介しているため興味のある人は読んでもらいたい。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください