今なら1年間無料キャンペーン中。ポケットWiFi代わりに使えておすすめ

BBIQ光は九州地方在住者におすすめ?口コミ評判、メリット・デメリット総まとめ

4 min 117 views

自宅で快適にネット生活を過ごすために光回線の契約を考えているけれど、「どのサービスを選べば良いのか分からない」という人は少なくないはず。

そういった人のために「本当におすすめのサービスはどれか」を徹底的に解説していく目的で当サイトを開設したというのもある。

そのためには数あるサービス1つ1つを知っておく必要があるのだが、今回はその第 12回目として、提供エリアが九州地方のみであるが、その分メリットも多い「BBIQ光」を紹介していくことにしよう。

BBIQ光とは

BBIQ光とは「QT mobile」など回線系のサービスを提供していることでも有名な「QTnet」が運営している光回線のこと。

中国地方在住者のみしか利用できないが、大手キャリアが提供している光回線サービスと比較して初期費用や月額料金が安いというメリットがある。

BBIQ光を契約するメリット・デメリット

BBIQ光のサービス内容と契約するメリット・デメリットを紹介していこう。

提供エリアが九州地方限定のサービス

最初からデメリットになってしまうのだが、該当しない人はこのサービス自体使えないので。

提供エリア(九州地方のみ)
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 鹿児島県
  • 宮崎県

BBIQ光は提供エリアが限られており、九州地方のみ。

もちろん、提供エリアが限られているサービスなりのメリットはあるが(回線が混み合わない)、引越し先が中国地方以外の場合には新規で契約する必要が出てくるため転勤族の家庭にはおすすめできない。

当サイトとしては業界最速の「NURO光」もしくは契約期間の縛りなく業界最安級の料金で利用できる「enひかり」がおすすめだ。

初期費用と工事費用について

契約事務手数料・工事費用2,800円

初期費用と工事費用の合計は表のとおり。

他社では契約事務手数料が3,000円近くかかり、かつ工事費用が高額なところが多いということを踏まえるとかなりお得。

月額料金は各種割引を利用すればかなり安い

タイプ月額料金
ホームタイプ(戸建て)通常:5,800円
2ヶ月目〜12ヶ月目:4,000円
※「つづけて割」適用には申込みが必要
マンションタイプ通常:3,800円〜5,800円
2〜12ヶ月目:2,800円〜4,800円

BBIQ光には「ギガコース(上り下り最大1Gbps)」と「100メガコース(上り下り最大100Mbps)」の2つのコースがあるが、それほど金額差があるわけではないので速度が速い「ギガコース」を選んでおくべき。

以下からは「ギガコース」を契約することを前提に紹介しておく。

BBIQ光の月額料金はやや複雑で、開通月と13ヶ月目以降は戸建てプランだと5,800円。2ヶ月目から12ヶ月目までの料金は 2種類の割引が適用されれば 1,800円安く利用できるため4,000円。

「つづけて割」と「ギガスタート割」の内容

ちょっとややこしいので割引キャンペーンの詳細を紹介しておく。

割引名内容
つづけて割開通月の翌月から11ヶ月、月800円割引
※別途申し込みが必要、マンションタイプは適用できない
ギガスタート割開通月の翌月から11ヶ月、月1,000円割引
※ギガコースを申し込めば自動で適用される

通常、BBIQ光の契約期間は 2年となっているが「つづけて割」を適用する場合には 3年となる。申込時に別途申請が必要だが、月800円の差は大きいので忘れないように申し込もう。

もう1つの割引が「ギガスタート割」というもので、これは「ギガコース」を申し込んだ人すべてに適用され、特別な条件もない。

この月額料金は他社と比べると圧倒的に安いが、割引の期間が11ヶ月だけであるため、契約期間一杯の3年使う予定の人には良いのかもしれないが、長期間利用する人にとっては「NURO光」や「enひかり」の方がおすすめだ。

「九電セット割」について

BBIQを運営している「QTnet」は電力会社も運営していることもあり、九州電力を利用している人はさらに割引を受けることができる。

タイプ料金
ホームタイプ通常プラン:月100円割引
つづけて割:月300円割引
マンションタイプ通常プラン:月100円割引

割引内容の詳細は上の表のとおり。ギガコースでつづけて割を適応し、かつ九州電力を利用している人は月300円の割引を受けることができる。

先ほど紹介したギガコース割、つづけて割との併用が可能なため、ホームタイプであれば最大月2,300円の割引。

適用条件とキャンペーンの内容は表のとおりだが、指定オプションは基本的に有料であり月額料金が高くなってしまうため「キャッシュバックがもらえるから」と安易に申し込むべきではない。

その他のオプションについて

オプション名サービス内容と料金
BBIQ光電話光ファイバーを用いた電話サービス
月額料金:500円
BBIQ光電話同士なら通話料金0円
BBIQ光電話オプションサービス発信番号の表示など、光電話のオプションサービス
料金は機能に応じて異なる
BBIQ光テレビBS、WOWWOWなど、光ファイバーを用いたテレビ放送サービス
月額料金はプランに応じて異なる
BBIQトータルセキュリティスマホやタブレットに入れるセキュリティサービス
料金:最大5台まで無料
BBIQ雑誌読み放題サービス様々なジャンルの雑誌が読み放題となるサービス
月額料金:400円
BBIQアプリ放題年賀状のプリントなどのアプリが定額で使い放題となるサービス
月額料金:500円
安心まとめてパックパスワードの管理やリモートサポートなど、上限700円まで、複数のサービスが使えるサービス
月額料金:700円
BBIQビデオ放題U-NEXT動画が定額見放題のサービス
月額料金:1,990円

BBIQ光には光回線以外にもオプションで使えるサービスが複数あり、簡単ではあるが上の表にサービス内容と料金をまとめておいた。

固定電話を使う人は光電話を契約するとNTTなどで別途契約するよりはお得だが、他のオプションに関しては加入する必要はない。

理由は簡単で、ネットで検索すれば同様のサービスがもっと安く利用できるからだ。

auスマートバリューでスマホの月額料金が割引

画像転載元:au公式サイト

メガ・エッグ光を契約すると、au の携帯やスマホを利用している人は月額料金が最大 1,000円安くなる「auスマートバリュー」という割引を受けることができる(最大1,000円と記載したのはプランに応じて金額が異なるため)。

この割引は家族全員に適用されるため、例えば4人家族であった場合に全員が auユーザーであれば最大 4,000円割引となる。

月4,000円とはいえ、2年間使えば10万円近く安くなるためバカにはできない。関西地方に住んでいて、auユーザーの人は間違いなくこの恩恵を受けることができるはずだ。

なお、この auスマートバリューを受けるためには au側で手続きが必要なので注意しておこう。

BBIQ光の口コミや評判(通信速度など)

Twitterで調べた感じだと、BBIQ光の口コミや評判はこんな感じ。速度に関しての口コミが多く見つかったのだが、かなり快適に使えていそう。

「もっと速い回線を」と思う人はエリアに該当していれば「NURO光」も選択肢に入ってくるが(九州地方では福岡・佐賀県の一部のエリアのみ)、短期的な利用を考えているなら月額料金が高くなるため判断に迷うところ。

BBIQ光は九州地方在住者で短期の利用を考えているならおすすめ。それ以外の人は他社を選ぶべき

九州地方在住の人が選ぶべき光回線とは?
  • 九州地方在住で、短期間(概ね3年)の利用をしたい:BBIQ光
  • NURO光の提供エリアに該当していない人:enひかり
  • NURO光の提供エリアに住んでいる人:NURO光

九州地方在住の人にとっては光回線の有力な選択肢となる「BBIQ光」について紹介してみた。

キャッシュバックがもらえるだけでなく、短期間でみれば月額料金が安く利用できるためおすすめだが、長期的な利用を考えている人にとっては他社の方がおすすめ。

具体的には上の3つから選べば後悔は少ない。当サイトとしてはずっと定額月4,300円で利用できるだけでなく、契約期間の縛りもない「enひかり」をおすすめしたい。

速度を求める人でかつ、福岡、佐賀の一部のエリアに住んでいる人は業界最速の「NURO光」がおすすめだ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください