最もコスパの高い無制限ポケットWiFiをチェックしよう!

在庫不足となれば停止の可能性もあるため、早めにチェックしておこう!

Click here!

BBN Wi-Fiとは?月額料金最安級だけど他社の方がおすすめな理由を紹介

モバイルWiFi

自宅や旅先で気軽に、そして楽しくネットを楽しむためにポケットWiFi の契約を考えているけれど、「どのサービスを選べば良いのか分からない」という人は少なくないはず。

最近は国内外で使えるポケットWiFi サービスが増えてきており、いちいち海外に行くためだけにその都度 WiFi サービスを契約する必要がなくなったのは便利だが、段々とサービスの数が増えてくると正直どれが一番良いのか分かりづらい。

そういった人たちのために「本当におすすめのサービスはどれか」を徹底的に解説していく目的で当サイトを開設した。

そのためには数あるサービス1つ1つを知っておく必要があるのだが、この記事では業界最安級の月額料金が魅力的な「BBN Wi-Fi」を紹介していくことにしよう。

BBN WiFiとは

BBN WiFi とは、株式会社『ブロードバンドナビ』が提供しているポケットWiFi のこと。

開始して間もないサービスではあるが、比較的大手の企業が運営していることやこの手のサービスの中では月額料金最安級で利用できるところが特徴。

なお、少し前に紹介した「ポケットモバイルCloud」とサービス内容が酷似しており、ほとんど違いがない。

数あるクラウドWiFiサービスの中でも上位に入ってくるのは間違いないが、「最もおすすめか?」と聞かれれば実はそうでもない。この記事ではその理由を紹介していこう。

BBN WiFiの特徴(メリット・デメリット)

いきなり否定から入ってしまったのだが、BBN WiFiのサービス内容を他社と比較しながら紹介していこう。

初期費用は事務手数料のみで、端末代金はかからない

端末代金無料
事務手数料3,000円

初期費用は端末登録料として 3,000円がかかるのみ。他社と比較すると高くもないが安くもないといった感じ。

ちなみに端末代金は無料だが、この手のサービスでは珍しくはない。

選べる2つのプラン。月額料金は業界最安級だが、契約期間のトータルでは他社の方が安い

プラン「U2s」プラン「G4」プラン
月額料金3,250円3,480円
契約期間2年2年

月額料金はずっと定額で、使いたい端末によってプランが選べるといった感じ(「G4」が選べるプランについては現在受け付け停止中)。

この手のサービスでこれらの端末が選べるサービスとしては「Mugen WiFi」が有名だが、どちらのプランも BBN WiFi の方が安い。

それぞれのプランで、この月額料金は数あるクラウドWiFi サービスの中でも最安級となっているが、契約期間2年間のトータル金額を計算すると最安とは言えない。

当サイトが最もおすすめしているのが「hi-ho GoGo WiFi」というサービス。月額料金は BBN WiFi よりも高いが、現在初期費用と初回の月額料金が無料となるキャンペーンを実施中だからだ。

キャンペーンは3月末までなので、気になる人は早めにチェックしておこう。

契約期間は2年。期間内に解約すると違約金がかかってしまう点に注意

自動更新あり
契約期間0〜24ヶ月目:18,000円
25ヶ月目:更新月のため0円
26ヶ月目以降(更新月以外):9,500円

先ほど紹介したとおり、契約期間内は2年となっており、更新月以外に解約すると違約金がかかってしまう点には注意が必要。

特に、2年以内で解約すると 18,000円とかなり高額になる。これがデメリットになるかどうかだが、月額料金が安いので必ずしもデメリットとは言えない。

どうしても契約期間がない方が良いという人は100円ほど月額料金が高くなってしまうが、契約期間のない「クラウドWiFi東京」を選んだ方が良いだろう。

クラウドSIM対応の端末で、国内でも海外でも高速でかつ安定した通信を使える

SoftBank公式サイト」より引用

他社のクラウドWiFi サービスにも言えることだが、これは触れないわけにはいかない。

クラウドWiFi で使える端末にはクラウドSIM を採用しているため、使っている国や地域に応じて最適な回線に自動で切り替えてくれる。

そのため国内では docomo、au、SoftBank のエリアに応じた最適な回線で使うことができるだけでなく、海外でもその土地に応じた最適な回線を使える。

対応エリアが増えてきたとはいえ WiMAX だと繋がらないところもあるのだけれど、これなら安心して利用することができる。

海外利用について。対応国の一覧や速度制限がかかる1日あたりの通信量、料金など

対応エリア1日に使える容量と料金
アジア、オセアニア、北アメリカ、南アメリカ、ヨーロッパ、アフリカを中心に、世界135カ国1日500MB:900円
1日1GB:1,200円

先ほど紹介したとおり、BBN WiFi は同じ端末で海外でも使うことができる。対応しているのは世界135カ国で、料金は1日あたりのデータ量によって異なるといった感じ。

他社の場合は使うエリアによって料金が異なるところが多いのだが、BBN WiFi は日本以外の国はどこで利用しても同じ料金のようだ。

なお、1日あたりのデータ通信量を使い切ると 384Kbps と超低速になるのでまず使い物にならない点には注意が必要。

端末は「U2s」と「G4」 が選べる

端末U2sG4
通信速度下り最大:150Mbps
上り最大:50Mbps
下り最大:150Mbps
上り最大:50Mbps
同時接続台数最大5台最大5台
端末の重量約151g約188g
備考画面がないので電池残量や接続状況がなんとなくしか確認できない画面があるので電池残量や接続状況の確認が容易。バッテリー容量が大きく、モバイルバッテリー代わりにもなる

端末の詳細はこんな感じ。

表で見たらわかるように速度や同時接続台数など、スペック上は大した違いはなく、液晶の有無とモバイルバッテリーとして使えるかどうかくらい。

「U2s」は画面がなくバッテリー残量などが大まかにしか確認できないところが難点ではあるが、僕はそれほどストレスなく使えている。

GLOCAL NET」より引用

ちなみに、データ量の確認は上の方法で管理画面にアクセスすれば可能。無制限なので気にすることもないのかもしれないが、意外とこの点に触れている記事を見かけないので載せておく。

最終的に「どっちを選べばいいの?」という話だが、個人的にはこの差額なら「G4」を選ぶことをおすすめしたい。

端末保証はオプションで、月400円

端末保証月400円
保証内容通常使用による破損・水没・紛失・盗難などで端末が使用不能となった場合に2,000円でリファビッシュ品と交換できるサービス。

BBN WiFi は、月400円で端末保証に加入することができる。紛失や盗難でも2,000円払えば交換してもらえるというのはこの料金を考えるとかなりコスパが良い。

もし契約を検討しているなら加入しておいた方が無難だろう。

【3月末まで】Webからの申込みでクオカード500円分プレゼントキャンペーン中

BBN WiFi ではWebから申込んだ人限定でクオカードのプレゼントを実施中だ。

とはいえ、たったの 500円だしそれなら少しでも期間内の料金が安い他社のサービスを選んだほうがお得感がある。

BBN WiFiはおすすめしない。実は他社の方がおすすめ

BBN WiFiの特徴まとめ
  • 国内でも海外でも使えるクラウドWiFiサービス
  • 国内ではトリプルキャリア(docomo・au・SoftBank)対応
  • 月額料金は間違いなく業界最安級だが、契約期間のトータルでは最安とは言えない
  • 契約期間内に解約すると違約金がかかる点に注意
  • 一見するとお得に感じるかもしれないが、トータルでは他社の方がおすすめ

というわけで「BBN WiFi」を紹介してみた。

業界最安級の月額料金で利用できるのは魅力的だが、この手のサービスの料金にはからくりがあり、最終的には2年間の契約期間内のトータル金額が安いものを選ぶべき。

契約期間の縛りを気にしない人は、とにかく安く利用できる「hi-ho GoGo WiFi」がおすすめ

サービス名月額料金特徴2年間の総額
hi-ho GoGo Wi-Fi3,355円月額料金初月無料
契約事務手数料無料
※4月末まで
77,165円
クラウドWiFi東京3,380円契約期間の縛りなく使えるサービスとしては最安85,100円
よくばりWiFi3,450円月額料金2ヶ月無料
カード入会で6,000円キャッシュバック
79,700円
ZEUS WiFi3,280円キャンペーン中で6ヶ月間は業界最安。
オリジナルの端末「H01」が使える
79,920円
BBN WiFi3,250円月額料金最安
「G4」が使えるサービスとしても最安
81,000円(「U2s」プランの場合)
ポケットモバイルCloud3,250円月額料金最安81,000円
Mugen WiFi3,280円最新の端末「G4」のプランが選べる81,720円
THE WiFi3,380円5G対応予定
無料でWiFiスポットが使えるプランあり
86,520円
スマホドッグWiFi3,480円契約期間の縛りなく使える
最新の端末「G4」が使えるサービスとしては最安
86,520円
どんなときもWiFi3,480円口座振替が可能86,520円
めっちゃWiFi3,480円特になし86,520円
Chat WiFi3,380円契約期間の縛りなし
初期費用が高い
89,600円
限界突破WiFi3,500円端末が信頼できない84,000円
hy-fi(ハイパーマルチWiFi)3,880円端末「G4」が使える96,120円
FUJI Wifi(クラウドプラン)3,980円契約期間の縛りなし98,520円

表のとおり「hi-ho GoGo WiFi」は現在キャンペーン中であり数あるクラウドWiFiサービスの中でも最安の料金。

ちなみにこのキャンペーンは当サイトの以下のリンクからの申込み限定で、4月末までとなっている。在庫が不足すれば早期に終了する可能性もあり、契約期間の縛りがあることが気にならないという人は今すぐ契約しておくことをおすすめする。

契約期間の縛りなく、業界最安級の料金で利用したいなら「クラウドWiFi東京」がおすすめ

記事の中で何度も紹介しているが、契約期間の縛りなく最安級の料金で利用したいなら「クラウドWiFi東京」をおすすめしたい。

月額料金は3,380円と、今回紹介したポケットモバイルCloud と比較しても月100円ほど割高なだけ。

契約期間の縛りがないことはかなり大きなメリットなので、差額としては十分許容できるという人は多いはずだ。

WiFi博士

WiFiを愛し、WiFiに愛されたいおじさん、それがWiFi博士。家電量販店や大手キャリアでの通信販売経験もなく専門家でもないが、誰よりもWiFiサービスについて詳しくなって、このサイトを訪れてくれた人のために世の中のWiFiサービス複雑過ぎてよくわからん問題を解決したいと思っている。

モバイルWiFi
モバイルWiFi研究室

コメント