【契約期間の縛りなし】現状最もコスパの高い無制限ポケットWiFiをチェック!

月3,380円で契約期間の縛りなく使えるのは今だけかも!?

Click here!

Chat WiFi とは?メリット・デメリット・口コミ感想まとめ

モバイルWiFi

自宅や旅先で気軽に、そして楽しくネットを楽しむために ポケットWiFi の契約を考えているのだけれど、「どのサービスを選べば良いのか分からない」という人は少なくないはず。

最近は国内外で使えるクラウドWiFi サービスが増えてきており、いちいち海外に行くためだけにその都度 WiFi サービスを契約する必要がなくなったのは便利だが、段々とサービスの数が増えてくると正直どれが一番良いのか分かりづらい。

そういった人たちのために「本当におすすめのサービスはどれか」を徹底的に解説していく目的で当サイトを開設した。

今回はその第1回目ということで、「Chat WiFi」を紹介していきたい。なお、最近になってサービスの内容が一部変更となっており、この記事ではその内容を含めた最新の情報となっているので、気になっている人はぜひ参考にしてほしい。

Chat WiFi とは

Chat WiFi とは、株式会社 LIBAROCUS が運営するレンタルのポケットWiFi サービスのこと。

レンタルのため契約期間の縛りや解約金がかからないだけでなく、クラウドSIM を採用しており国内外を問わず 3,380円 で使えるのが特徴だ。

この記事を書いたばかりの頃は 月5,500円と高額であったのだが、最近になって安価で使えるようになった。しかし、総合的にみると他社の方がおすすめ。

クラウドSIM を採用したサービスとしては内容自体はどこも大差ないので、最終的には料金の安さで選ぶべき。当サイトとしては契約期間内の総額が最安となる「hi-ho GoGo Wi-Fi」をおすすめしたい。

Chat WiFi の特徴(メリット・デメリット)

いきなり否定から入ってしまったのだが、Chat WiFi の特徴を紹介していこう。

初期費用

契約事務手数料3,980円
デバイス登録料4,500円(SIMプランは0円)

Chat WiFi にはプランが 2つ存在する。1つは屋内外で使えるルーターをレンタルできる「国内・海外兼用大容量レンタルプラン」、そして国内だけで使える SIM をレンタルする「国内専用大容量SIMだけプラン」だ。

料金については後述するが、最近になってサービス内容が変わり「国内・海外兼用で使えるWiFi」としても、「国内専用のレンタルで使えるSIM」としてもかなり他社と比較してかなりお得感のあるサービスとなった。

契約事務手数料とデバイス登録料は上の表で紹介した通り。初期費用の合計が8,480円もかかってしまうのは高すぎる。この後紹介する月額料金は比較的安価だが初期費用がこれだけ高額だと契約するメリットを感じない。

月額料金について。クーポン利用で安く利用できる

 国内・海外兼用プランSIMプラン(100GB)SIMプラン(300GB)
3,380円2,980円3,880円

クーポンがなければ5,500円と割高だけれど、適用すれば割安で契約することが可能。クーポンについては記事の後半で記載しているので、契約を考えている人はチェックしておこう。

海外で使うためには事前にデータパッケージの購入が必要

1G5,000円
3G10,000円
6G16,000円
10G21,250円
12G23,750円
24G43,500円

海外で利用するためには3営業日前までにデータパッケージを購入しておく必要がある。やや割高な気もするのだけれど、1度購入しておけばデータの残量は1年間有効なので、その都度購入する必要はない。

契約期間の縛りがなく、解約金がかからない

Chat WiFi はレンタルという形をとっているため、契約期間の縛りが存在せず、解約金は一切かからない。

国内のみで使えるサービスとしては他社にも解約金不要のところは多いのだけれど、国内・海外兼用の WiFiレンタルサービスのほとんどは2年間の契約期間の縛りが存在するので海外でも使いたいという人にはかなりおすすめだ。

同様のサービスの中には「解約事務手数料」という名称で解約時に請求されるものもあるが、Chat WiFi の場合はそういったものも一切ない。

とはいえ、契約期間の縛りがないクラウドWiFiサービスとしては他社でもっとおすすめなサービスが存在する。「クラウドWiFi」なら初期費用を抑えつつ、もっと安く利用可能だ。

各プランの通信制限について(国内のみで利用を想定した場合)

国内・海外兼用プランSIMプラン(100GB)SIMプラン(300GB)
100GB(国内利用時)100GB300GB

各プランの通信制限については表のとおり。

100GB 使えるという点でよく比較されそうなのが WiMAX だと思うが、すこし違うので注意。WiMAX では「3日で10GB使うと速度制限がかかる」のだけれど、Chat WiFi は純粋に月100GBまでは通信制限なく使える。

急にデータ量の多い通信をする必要がある場合でも 100GB までなら制限なく使えるため自己管理は必要だが、ある意味 WiMAX より使い勝手は良さそう。

クラウドSIM を採用しており、国内外を問わず1台で完結する

これはルーターもレンタルする「国内・海外兼用プラン」のみ関係することだが、Chat WiFi のルーターは世界90カ国以上に対応しているクラウドSIM を採用しており、使っている国や地域に応じて最適な SIM に自動的に切り替えてくれる。

先に紹介した通り、海外で利用するためには事前にデータパッケージを購入しておく必要があるのだけれど、国内外兼用で同じ端末を使えるため、面倒な手続きなどが不要なのは嬉しい。

取扱端末は『U2s』1機種のみ

取扱端末は『U2s』1種類のみ。選ぶ必要がないのはありがたい半面、もう少し選択肢があると嬉しいなぁという感じ。

通信速度
下り最大:150Mbps
上り最大:50Mbps
連続通信時間約12時間
同時接続台数最大5台
端末の重量約151g

端末の詳細はこんな感じ。WiMAX の最新端末と比較するとやや物足りない感じはあるが、よほどのガジェットオタクでない限りは性能としては十分なはず。

唯一不満があるとすれば液晶画面がなく、大まかな電池残量と電波の強さしか分からない点くらいだろうか。

とはいえ、この手のサービスを提供している他社もこの端末しか使えないというところがほとんどなのでこれはデメリットとは言えない。

Chat WiFi の口コミや評判

まだ開始して間もないサービスであるため数は少ないが、Twitterで検索した口コミはこんな感じ。速度的には申し分なさそうだ。

Chat WiFi はおすすめしない。「hi-ho GoGo Wi-Fi」の方がおすすめ

サービス名月額料金特徴2年間の総額
hi-ho GoGo Wi-Fi3,355円月額料金初月無料
契約事務手数料無料
※3月末まで
77,165円
よくばりWiFi3,450円月額料金2ヶ月無料
カード入会で6,000円キャッシュバック
79,700円
Mugen WiFi3,280円月額料金は最安(最安プラン)
プランによって最新の端末「G4」が選べる
81,720円
クラウドWiFi東京3,380円契約期間の縛りなく使えるサービスとしては最安85,100円
スマホドッグWiFi3,480円契約期間の縛りなく使える
最新の端末「G4」が使えるサービスとしては最安
86,520円
どんなときもWiFi3,480円口座振替が可能86,520円
めっちゃWiFi3,480円特になし86,520円
Chat WiFi3,380円契約期間の縛りなし
初期費用が高い
89,600円
限界突破WiFi3,500円端末が信頼できない84,000円
hy-fi(ハイパーマルチWiFi)3,880円端末「G4」が使える96,120円
FUJI Wifi(クラウドプラン)3,980円契約期間の縛りなし98,520円

国内ではトリプルキャリアの LTE回線使い放題でかつ、海外でも使える「Chat WiFi」を紹介してみた。

上の表はクラウドWiFi サービスの料金を比較したもの(順位は月額料金だけで順位を決めているわけではなく、特典や契約期間の縛り、料金などを踏まえた上で決定している)。

表のとおり、Chat WiFi はこの手のサービスの中では決して安いとは言えない。対して「 hi-ho GoGo WiFi」はキャンペーンにより現状最安。キャンペーンは 3月末までとなっているが、在庫が不足すれば早期に終了する可能性もあり、今すぐ契約しておくことをおすすめする。

WiFi博士

WiFiを愛し、WiFiに愛されたいおじさん、それがWiFi博士。家電量販店や大手キャリアでの通信販売経験もなく専門家でもないが、誰よりもWiFiサービスについて詳しくなって、このサイトを訪れてくれた人のために世の中のWiFiサービス複雑過ぎてよくわからん問題を解決したいと思っている。

モバイルWiFi
モバイルWiFi研究室

コメント