最もコスパの高い無制限ポケットWiFiをチェックしよう!

在庫不足となれば停止の可能性もあるため、早めにチェックしておこう!

Click here!

クラウドWiFi(東京)とは?口コミ評判、メリット・デメリットを総まとめ【無制限・契約期間の縛りなし】

モバイルWiFi

自宅や旅先で気軽に、楽しくネットを楽しむためにポケットWiFi の契約を考えているけれど、「どのサービスを選べば良いのか分からない」という人は少なくないはず。

最近は国内外で使えるポケットWiFi サービスが増えてきており、いちいち海外に行くためだけにその都度 WiFi サービスを契約する必要がなくなったのは便利だが、段々とサービスの数が増えてくると正直どれが一番良いのか分かりづらい。

そういった人たちのために「本当におすすめのサービスはどれか」を徹底的に解説していく目的で当サイトを開設した。

そのためには数あるサービス1つ1つを知っておく必要があるのだが、今回は名前がかなり紛らわしい「クラウドWiFi」を紹介していくことにしよう。

なお、サービス名は「クラウドWiFi」だが、紛らわしいので以下「クラウドWiFi東京」と呼ぶことにしている。

クラウドWiFi東京とは

クラウドWiFi東京とは、株式会社「ニッチカンパニー」が運営しているクラウドWiFi サービスのことだ。

一般的に「クラウドWiFi」というと「SIMカード不要でクラウド上で通信回線を管理する」という技術(iPhone に搭載されている eSIM も同じ技術を使っている)のことを指すのだが、今回紹介するのはその名称をそのまま利用したサービス名のこと。

名称的にはやや分かりづらさがあるのだが、サービス内容は至って真面目であり、契約期間の縛りなく使えるクラウドWiFi サービスとしては最安の料金が魅力的。契約期間の縛りなくクラウドWiFi サービスを使いたいという人にはかなりおすすめのサービスだ。

とはいえ、契約期間の縛りがあることを許容できる人にとってはクラウドWiFi は最安とは言えず、契約期間2年の総額でいうともっと安く利用できる「hi-ho GoGo Wi-Fi」の方がおすすめだ。

クラウドWiFi東京の特徴(メリット・デメリット)

いきなり否定から入ってしまったのだが、クラウドWiFi のサービス内容を他社と比較しながら紹介していこう。

初期費用は他社と比較すると割高

初期費用3,980円
端末代金無料

初期費用は3,980円かかるのみだが、他社では3,000円のところがほとんどであり、割高感は否めない。

端末代金に関してはレンタルという形をとっているため無料。

月額料金はずっと定額で、3,380円。他社と比較すると最安ではない

月額料金3,380円

月額料金はずっと定額で、3,380円。他社と比較すると決して高くはなく、むしろ安い方ではあるが、最安ではない点に注意。

契約期間の縛りがないことを重要視する人にとってはクラウドWiFi サービスとしては間違いなく最安なのでおすすめだが、ここが妥協できる人にとっては最安ではない。

当サイトとしては契約期間内の総額で最安となる「hi-ho GoGo Wi-Fi」をおすすめしたい。

契約期間の縛りがなく、いつ解約しても違約金がかからない

クラウドWiFi東京は契約期間の縛りがなく、いつ解約しても違約金がかからない。

この手のサービスのほとんどは 2年間の契約期間の縛りがあり、途中で解約した場合には 9,000円前後の違約金を支払う必要がある。

ちなみにこのクラウドWiFi東京だが、契約期間の縛りのないクラウドWiFi サービスとしては最安の料金で利用できる。とにかく「契約期間の縛りなく利用したい」という人にとってはかなりおすすめだ。

クラウドSIM対応の端末で、国内でも海外でも高速でかつ安定した通信を使える

SoftBank公式サイト」より引用

他社のクラウドWiFi サービスにも言えることだが、これは触れないわけにはいかない。

クラウドWiFi で使える端末にはクラウドSIM を採用しているため、使っている国や地域に応じて最適な回線に自動で切り替えてくれる。

そのため、国内では docomo、au、SoftBank のエリアに応じた最適な回線で使うことができるだけでなく、海外でもその土地に応じた最適な回線を使える。対応エリアが増えてきたとはいえWiMAX だと繋がらないところもあるのだけれど、これなら安心して利用することができる

海外利用について。対応国の一覧や速度制限がかかる一日あたりの通信量、料金など

クラウドWiFi東京 は先ほど紹介したクラウドSIM 対応の端末のおかげで、海外でも使える。対応している国は計135国で、料金は使う国によって異なるといった感じ。

1日700円から使えるところもあれば、3,000円以上かかる地域もあり、他社では高くても1,200円前後で使えるため割高感は否めない。

データ通信は 1日1GB 使えるのだが、1日のうちに使い切っても 384Mbps(YouTubeの動画が見れる程度の)速度は維持してくれるので、そういった意味ではありがたい。

端末は「U2s」

通信速度

下り最大:150Mbps
上り最大:50Mbps

連続通信時間約12時間
同時接続台数最大5台
端末の重量約151g

端末の詳細はこんな感じ。同様のサービスではだいたいこの端末が使われているため、安心感はある。

唯一画面がなくバッテリー残量などが大まかにしか確認できないところが難点ではあるが、僕はそれほどストレスなく使えている。

GLOCAL NET」より引用

ちなみに、データ量の確認は上の方法で管理画面にアクセスすれば可能。無制限なので気にすることもないのかもしれないが、意外とこの点に触れている記事を見かけないので載せておく。

月400円で端末保証のオプションあり。契約時以外には加入できない点に注意

安心保証月400円
サービス内容安心補償に加入している場合、水濡れ・故障は無料、紛失・盗難は15,000円(税抜)。
安心補償にご加入いただいていない場合は、いずれの場合も25,000円(税抜)が自己負担。

クラウドWiFi東京 は、月400円で端末保証に加入することができる。内容は上の表のとおりだが、契約時以外に申し込むことができないため、心配な人は忘れないようにしておこう。

クラウドWiFi東京の口コミ評判

 

Twitterで調べたところ、クラウドWiFi東京の口コミや評判はこんな感じ。使うエリアや時間帯によって異なるとは思うが、ダウンロード速度は 20Mbps超えから 1Mbps を切るという口コミが見つかった。

20Mbps も出ていればかなり快適に使えそうだが、1Mbps は正直かなり遅い(住んでいるエリアによるが、少し前に紹介した「hi-ho GoGo Wi-Fi」では悪くても 10Mbps を切ったことはない)。

さらに、初期不良かもしれないという口コミもあったが、これは端末を交換してもらえば改善する問題だと思うので詳しくは触れない(他社では契約して概ね1ヶ月以内なら無償で交換してくれる場合が多い)。

クラウドWiFi東京についてのよくある質問(Q&A)

 

ここからは契約するときに迷いそうなことを Q&A 形式で紹介していこう。

Q1:本当に契約期間の縛りはないの?

A:契約期間の縛りはない。強いて言えば最低レンタル期間が1ヶ月設けられているため 1日に契約した場合はその月の末日までの料金がかかる(月の途中で解約した場合にはその月は日割りとなり、翌月分までの料金がかかる)。

Q2:契約時に必要な書類は?

A:原則必要ないが、強いて挙げれば決済に必要なクレジットカードくらい。運転免許証が必要ないのは嬉しいという人も多いはず。

Q3:解約方法を教えてほしい

A:公式ホームページの「問い合わせフォーム」から行うことができる。

問い合わせフォーム

※上のリンクの「端末の解約」という欄から解約申請を行う。

なお、解約の申請はその月の15日まで。それ以降に解約した場合には翌月分までの料金がかかってしまうので注意が必要だ。

Q4:決済にデビットカードやプリペイド式のクレジットカードは使える?

A:支払いはクレジットカードのみなので、デビットカードやプリペイド式のクレジットカードは使えない。

Q5:発送はいつ?

A:土日祝日を除いて申し込み翌日から3日以内には発送される。

クラウドWiFi東京はかなりおすすめ。月額料金だけを比較すれば「hi-ho GoGo Wi-Fi」の方が安い

クラウドWiFi東京の特徴まとめ
  • 国内でも海外でも利用できるクラウドWiFiサービス
  • 国内ではトリプルキャリア(docomo・au・SoftBank)対応
  • 月額料金は3,380円と他社と比較すると安い(が、最安ではない)
  • 契約期間の縛りのないポケットWiFi サービスとしては最安級の料金
  • 総じて、契約期間の縛りのないサービスを利用したい人にはおすすめ

クラウドWiFi東京について紹介してきたが、サービス内容を他社と比較してみると、コスパの高いサービスであることは間違いないが、人によるというのが結論。最後に用途別、契約する人の希望別におすすめを紹介していく。

契約期間の縛りなく、クラウドWiFiサービスを使いたい人には「クラウドWiFi東京」はかなりおすすめ

何度も記事の中で紹介してきたとおり、クラウドWiFi東京は契約期間の縛りのないクラウドWiFiサービスとしては最安の料金で利用できる。

「いつ解約するかわからないけど、高額な違約金は払いたくない」という人にとっては間違いなくおすすめのサービス。

この手のサービスはいつ値上げするかわからないのでこの料金は今だけかもしれないし、気になる人は早めに公式サイトをチェックしておこう。

海外での利用も検討しているなら「hi-ho GoGo WiFi」がおすすめ

サービス名月額料金特徴2年間の総額
hi-ho GoGo Wi-Fi3,355円月額料金初月無料
契約事務手数料無料
※4月末まで
77,165円
クラウドWiFi東京3,380円契約期間の縛りなく使えるサービスとしては最安85,100円
よくばりWiFi3,450円月額料金2ヶ月無料
カード入会で6,000円キャッシュバック
79,700円
ZEUS WiFi3,280円キャンペーン中で6ヶ月間は業界最安。
オリジナルの端末「H01」が使える
79,920円
BBN WiFi3,250円月額料金最安
「G4」が使えるサービスとしても最安
81,000円(「U2s」プランの場合)
ポケットモバイルCloud3,250円月額料金最安81,000円
Mugen WiFi3,280円最新の端末「G4」のプランが選べる81,720円
THE WiFi3,380円5G対応予定
無料でWiFiスポットが使えるプランあり
86,520円
スマホドッグWiFi3,480円契約期間の縛りなく使える
最新の端末「G4」が使えるサービスとしては最安
86,520円
どんなときもWiFi3,480円口座振替が可能86,520円
めっちゃWiFi3,480円特になし86,520円
Chat WiFi3,380円契約期間の縛りなし
初期費用が高い
89,600円
限界突破WiFi3,500円端末が信頼できない84,000円
hy-fi(ハイパーマルチWiFi)3,880円端末「G4」が使える96,120円
FUJI Wifi(クラウドプラン)3,980円契約期間の縛りなし98,520円

上の表はクラウドWiFi サービスの料金を比較したもの(順位は月額料金だけで順位を決めているわけではなく、特典や契約期間の縛り、料金などを踏まえた上で決定している)。

クラウドWiFi東京 のメリットである契約期間の縛りがない点は Chat WiFi 、FUJIWiFi(クラウドプラン)も同様だが、 それらと比較すると総合的にみてクラウドWiFi東京 の方が上位。

契約期間の縛りなく無制限で ポケットWiFi を使いたいという人にとってはかなり有力な選択肢となる。気になる人は公式サイトをチェックしておこう。 

とはいえ、クラウドWiFi東京 は総額を考えると最安とは言えない。対して「 hi-ho GoGo WiFi」はキャンペーンにより現状最安。

キャンペーンは 4月末までとなっているが、在庫が不足すれば早期に終了する可能性もある。なお、このキャンペーンが適用されるのは以下のリンクからの申し込みのみなので、気になる人は早めに申し込んでおこう。

WiFi博士

WiFiを愛し、WiFiに愛されたいおじさん、それがWiFi博士。家電量販店や大手キャリアでの通信販売経験もなく専門家でもないが、誰よりもWiFiサービスについて詳しくなって、このサイトを訪れてくれた人のために世の中のWiFiサービス複雑過ぎてよくわからん問題を解決したいと思っている。

モバイルWiFi
モバイルWiFi研究室

コメント