今なら1年間無料キャンペーン中。ポケットWiFi代わりに使えておすすめ

どこよりもWiFi はおすすめしない!他社と比較しながら理由を紹介【口コミ評判】

3 min 849 views

自宅や旅先で気軽に、そして楽しくネットを楽しむために ポケットWiFi の契約を考えているのだけれど、「どのサービスを選べば良いのか分からない」という人は少なくないはず。

最近は国内外で使えるクラウドWiFi サービスが増えてきており、いちいち海外に行くためだけにその都度 WiFi サービスを契約する必要がなくなったのは便利だが、段々とサービスの数が増えてくると正直どれが一番良いのか分かりづらい。

そういった人たちのために「本当におすすめのサービスはどれか」を徹底的に解説していく目的で当サイトを開設した。

この記事で紹介するのは「どこよりもWiFi」。クラウドW-Fiサービスとしては先駆け的な存在でもある「どんなときもWiFi」に寄せてきているのか名前が紛らわしいのだが、他社と比較しつつサービス内容を紹介していく。

どこよりもWiFi とは

どこよりもWiFi とは「Wiz cloud」株式会社が運営するクラウドWiFi サービスのことだ。

国内では月3,380円と格安で使えて、SoftBank のLTE 回線が無制限で使えるだけでなく、同じ端末で海外でも使えるというサービス(クラウドSIMという)。

一見すごいお得なサービスであるかのように見えるが、こういったクラウドSIMを採用したサービスは最近流行っていることもあって段々と増えてきている。

どこよりもWiFi は決して最安ではないし、他社の方がおすすめ。私個人的には最近何かと話題の「楽天モバイル」をポケットWiFiとして使うのがおすすめだ。

どこよりもWiFi の特徴(メリット・デメリット)

いきなり否定から入ってしまったが、どこよりもWiFi のサービス内容を他社と比較しつつ紹介していこう。

初期費用は他社とほぼ同じ料金

契約事務手数料3,000円

初期費用は契約事務手数料が3,000円かかるのみ。料金は他社とほぼ同じ。

月額料金は他社と比較して割安。口座振替も可能

月額料金3,380円
支払い方法クレジットカード、口座振替

プランはシンプルに1種類のみで、月額料金はずっと定額 3,380円。

この料金は安い方だが、クラウドWiFi サービスとしては「hi-ho Let’s WiFi」の方が1日7GB と大容量で使えるためおすすめだ。

支払い方法はクレジットカードの他に口座振替も可能なところは嬉しいが、月700円の手数料がかかってしまう点には注意が必要。

最低利用期間は1年と他社よりも短い。途中で解約すると違約金がかかる

契約期間1年
違約金9,500円

どこよりもWiFi の最低利用期間は1年と、他社よりも短い点はメリットと言えるだろう(クラウドWiFi サービスの他社の多くは2年)。

とはいえ、解約料金は「Mugen WiFi」の方が安いし、先ほど紹介した「楽天モバイル」なら契約期間の縛りなく利用できる。

SoftBankの LTE回線が使えるが、月300GB で速度制限がかかる

SoftBank公式サイト」より引用

どこよりもWiFi はクラウドSIM を採用しており、国内では SoftBank の LTE回線が使える。他のクラウドWiFi サービスではトリプルキャリア(docomo・au・SoftBank)の回線が使えるところもあるが、実際は SoftBank の回線に繋がることが多いためデメリットとも言えない。

しかし公式サイトに「ヘビーユーザー制限なし」と記載されているのに実際は月300GB で制限がかかるという点には注意が必要(公式サイト「どこよりもWiFi」からダウンロードできる利用規約に記載)。

個人的には1年間無料で実質無制限で使える「楽天モバイル」のスマホを契約して、テザリングでポケットWiFi代わりに利用するのがおすすめだ。

海外利用料金については別途料金がかかるはずだが、公式サイトを見ても記載がない

通常、クラウドWiFi サービスは海外で利用する場合には別途料金がかかるのだが、公式サイトのどこを見ても記載がない。

クラウドWiFi サービスといえば海外で利用できることを謳っているのに、こういった記載がないのは配慮が足りないと言わざるを得ない。

取扱端末は『U2s』1種類のみ。同様のサービスを提供している他社と同じ製品なのである意味安心感はある。

端末U2s
通信速度下り最大:150Mbps
上り最大:50Mbps
連続通信時間約12時間
同時接続台数最大5台
端末の重量約151g

端末の詳細はこんな感じ。WiMAX の最新端末と比較するとやや物足りない感じはあるが、よほどのガジェットオタクでない限りは性能としては十分なはず。

唯一不満があるとすれば液晶画面がなく、大まかな電池残量と電波の強さしか分からない点くらいだろうか。

先ほどから何度も紹介しているが、個人的には今回紹介している「どこよりもWiFi」よりも安く、スマホなので画面上で使用状況などが確認できる「楽天モバイル」の方がお得感があっておすすめだ。

端末の保証はオプションで。契約時にしか加入できない点に注意

機器保証サービス月400円

内容

  • 端末故障時、新品、または状態のよい中古品に交換
  • 代替機貸し出し可能
注意事項など
  • 盗難、紛失は対象外
  • 1度補償による交換を利用してから、6か月以内の再利用は不可
  • 加入時のみ付帯可能(追加申込は不可)

どこよりもWiFi はおすすめしない。他社の方がおすすめ

どこよりもWiFiの特徴まとめ
  • 国内でも海外でも使えるクラウドWiFiサービス
  • 国内では SoftBankの回線が使える(が、無制限ではない)
  • 月額料金は高くはないが、コスパは悪い
  • 契約期間内に解約すると違約金がかかる点に注意
  • 総合的にみて、契約するのはおすすめできない

国内では SoftBank の LTE回線使い放題でかつ、海外でも使える「どこよりもWiFi」を紹介してみた。個人的には、契約するのはおすすめできない。

私としては、キャンペーンにより 1年間無料でかつ、実質無制限で使える「楽天モバイル」をポケットWiFi 代わりに契約するのが現状最も賢い方法だと考える(私は実際に契約した)。

まだ余裕があるようだが、キャンペーンはいつ終了のか分からないので、気になっているという人は早めに契約を検討しよう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください