【契約期間の縛りなし】現状最もコスパの高い無制限ポケットWiFiをチェック!

月3,380円で契約期間の縛りなく使えるのは今だけかも!?

Click here!

どこよりもWiFi はおすすめしない!他社と比較しながら理由を紹介【口コミ評判】

モバイルWiFi

自宅や旅先で気軽に、そして楽しくネットを楽しむために ポケットWiFi の契約を考えているのだけれど、「どのサービスを選べば良いのか分からない」という人は少なくないはず。

最近は国内外で使えるクラウドWiFi サービスが増えてきており、いちいち海外に行くためだけにその都度 WiFi サービスを契約する必要がなくなったのは便利だが、段々とサービスの数が増えてくると正直どれが一番良いのか分かりづらい。

そういった人たちのために「本当におすすめのサービスはどれか」を徹底的に解説していく目的で当サイトを開設した。

この記事で紹介するのは「どこよりもWiFi」。クラウドW-Fiサービスとしては先駆け的な存在でもある「どんなときもWiFi」に寄せてきているのか名前が紛らわしいのだが、他社と比較しつつサービス内容を紹介していく。

どこよりもWiFi とは

どこよりもWiFi とは「Wiz cloud」株式会社が運営するクラウドWiFi サービスのことだ。

国内では月3,380円と格安で使えて、SoftBank のLTE 回線が無制限で使えるだけでなく、同じ端末で海外でも使えるというサービス(クラウドSIMという)。

一見すごいお得なサービスであるかのように見えるが、こういったクラウドSIMを採用したサービスは最近流行っていることもあって段々と増えてきている。

どこよりもWiFi は、決して最安ではないし、他社の方がおすすめ。当サイトとしては契約期間内の総額が最安となる「hi-ho GoGo Wi-Fi」をおすすめしたい。

どこよりもWiFi の特徴(メリット・デメリット)

いきなり否定から入ってしまったが、どこよりもWiFi のサービス内容を他社と比較しつつ紹介していこう。

初期費用は他社とほぼ同じ料金

契約事務手数料3,000円

初期費用は契約事務手数料が3,000円かかるのみ。料金は他社とほぼ同じ。

月額料金は他社と比較して割安。口座振替も可能

月額料金3,380円
支払い方法クレジットカード、口座振替

プランはシンプルに1種類のみで、月額料金はずっと定額 3,380円。

この料金が高いかどうかだが、クラウドWiFi サービスとしては「hi-ho GoGo Wi-Fi」の方が月額料金だけでなく契約期間内の総額も圧倒的に安いのでおすすめだ。

支払い方法はクレジットカードの他に口座振替も可能なところは嬉しいが、月700円の手数料がかかってしまう。どうしても口座振替でしか支払いが難しいという人は「どんなときもWiFi」を選ぼう。

最低利用期間は1年と他社よりも短い。途中で解約すると違約金がかかる

契約期間1年
違約金9,500円

どこよりもWiFi の最低利用期間は1年と、他社よりも短い点はメリットと言えるだろう(クラウドWiFi サービスの他社の多くは2年)。

とはいえ、解約料金は「Mugen WiFi」の方が安いし「クラウドWiFi」というサービスなら同じ月額料金で契約期間の縛りなく利用できる。

SoftBankの LTE回線が使えるが、月300GB で速度制限がかかる

SoftBank公式サイト」より引用

どこよりもWiFi はクラウドSIM を採用しており、国内では SoftBank の LTE回線が使える。他のクラウドWiFi サービスではトリプルキャリア(docomo・au・SoftBank)の回線が使えるところもあるが、実際は SoftBank の回線に繋がることが多いためデメリットとも言えない。

しかし公式サイトに「ヘビーユーザー制限なし」と記載されているのに実際は月300GB で制限がかかるという点には注意が必要(公式サイト「どこよりもWiFi」からダウンロードできる利用規約に記載)。

海外利用料金については別途料金がかかるはずだが、公式サイトを見ても記載がない

通常、クラウドWiFi サービスは海外で利用する場合には別途料金がかかるのだが、公式サイトのどこを見ても記載がない。

クラウドWiFi サービスといえば海外で利用できることを謳っているのに、こういった記載がないのは配慮が足りないと言わざるを得ない。

取扱端末は『U2s』1種類のみ。同様のサービスを提供している他社と同じ製品なのである意味安心感はある。

通信速度下り最大:150Mbps
上り最大:50Mbps
連続通信時間約12時間
同時接続台数最大5台
端末の重量約151g

端末の詳細はこんな感じ。WiMAX の最新端末と比較するとやや物足りない感じはあるが、よほどのガジェットオタクでない限りは性能としては十分なはず。

唯一不満があるとすれば液晶画面がなく、大まかな電池残量と電波の強さしか分からない点くらいだろうか。どうしても液晶画面のある高機能な端末を求めるのであれば「Mugen WiFi」を選ぼう。

端末の保証はオプションで。契約時にしか加入できない点に注意

機器保証サービス月400円

内容

  • 端末故障時、新品、または状態のよい中古品に交換
  • 代替機貸し出し可能
注意事項など
  • 盗難、紛失は対象外
  • 1度補償による交換を利用してから、6か月以内の再利用は不可
  • 加入時のみ付帯可能(追加申込は不可)

 どこよりもWiFi はおすすめしない。「hi-ho GoGo Wi-Fi」の方がおすすめ

サービス名月額料金特徴2年間の総額
hi-ho GoGo Wi-Fi3,355円月額料金初月無料
契約事務手数料無料
※3月末まで
77,165円
よくばりWiFi3,450円月額料金2ヶ月無料
カード入会で6,000円キャッシュバック
79,700円
Mugen WiFi3,280円月額料金は最安(最安プラン)
プランによって最新の端末「G4」が選べる
81,720円
クラウドWiFi東京3,380円契約期間の縛りなく使えるサービスとしては最安85,100円
スマホドッグWiFi3,480円契約期間の縛りなく使える
最新の端末「G4」が使えるサービスとしては最安
86,520円
どんなときもWiFi3,480円口座振替が可能86,520円
めっちゃWiFi3,480円特になし86,520円
Chat WiFi3,380円契約期間の縛りなし
初期費用が高い
89,600円
限界突破WiFi3,500円端末が信頼できない84,000円
hy-fi(ハイパーマルチWiFi)3,880円端末「G4」が使える96,120円
FUJI Wifi(クラウドプラン)3,980円契約期間の縛りなし98,520円

国内では SoftBank の LTE回線使い放題でかつ、海外でも使える「どこよりもWiFi」を紹介してみた。

上の表はクラウドWiFi サービスの料金を比較したもの(順位は月額料金だけで順位を決めているわけではなく、特典や契約期間の縛り、料金などを踏まえた上で決定している)。

表のとおり、どこよりもWiFi はこの手のサービスの中では安い方ではあるが、最安とはいえない。また、契約期間が1年であることがメリットではあるが「クラウドWiFi」なら縛りなしで使えるし、海外での利用料金が公式サイトに記載されていない点もいまいち信頼できないところがある。

対して「 hi-ho GoGo WiFi」は運営元がしっかりとしているし、キャンペーンにより現状最安。キャンペーンは 3月末までとなっているが、在庫が不足すれば早期に終了する可能性もあり、今すぐ契約しておくことをおすすめする。

WiFi博士

WiFiを愛し、WiFiに愛されたいおじさん、それがWiFi博士。家電量販店や大手キャリアでの通信販売経験もなく専門家でもないが、誰よりもWiFiサービスについて詳しくなって、このサイトを訪れてくれた人のために世の中のWiFiサービス複雑過ぎてよくわからん問題を解決したいと思っている。

モバイルWiFi
モバイルWiFi研究室

コメント