【期間限定】クリスマスキャンペーン中!最安級の料金で高機能な端末が使えます
Click here!

どんなときもWiFi はおすすめしない。他社と比較しながら理由を紹介

モバイルWiFi

自宅や旅先で気軽に、そして楽しくネットを楽しむために モバイルWiFi の契約を考えているのだけれど、「どのサービスを選べば良いのか分からない」という人は少なくないはず。

最近は国内外で使えるモバイルWiFi サービスは増えてきており、いちいち海外に行くためだけにその都度 WiFi サービスを契約する必要がなくなったのは便利だが、段々とサービスの数が増えてくると正直どれが一番良いのか分かりづらい。

そういった人たちのために「本当におすすめのサービスはどれか」を徹底的に解説していく目的で当サイトを開設した。

この記事で紹介するのは『どんなときもWiFi』。最近はCM で見かける機会も多くなってきたサービスだ。

どんなときもWiFi とは

どんなときもWiFi とは、「ネクストモバイル」や「モバレコエアー」など通信系のサービスを中心に提供している株式会社「グッド・ラック」が運営しているポケットWiFi サービス。

クラウドSIM を採用しており国内外を問わず使えるだけでなく、国内で使う分には 3,480円という安さで利用できることが特徴。

総合的にみて他社の WiFiレンタルサービス などと比較しても隙のないサービスだが、国内外で使えるクラウドSIM を採用した端末が使えるサービスとしてはそれほどお得感はない。

クラウドSIM を採用したサービスとしてはサービス内容自体はどこも大差ないので、最終的には料金の安さで選ぶべき。当サイトとしては月額3,280円で利用できる「Mugen WiFi」をおすすめしたい。

どんなときもWiFi の特徴(メリット・デメリット)

契約前に確認しておきたい、どんなときもWiFi の特徴を紹介しておこう。

初期費用

契約事務手数料3,000円(税抜き)
端末代金0円

契約時にかかる費用としては、契約事務手数料が3,000円かかるのみ。このサービスはレンタルという形をとっているため、端末代金は無料。

他社と比較しても一般的な金額であるためこの辺りは詳しくは触れないでおく。

月額料金や支払い方法

月額料金3,480円(税抜き)
支払い方法クレジットカード、口座振替

月額料金は2年間は 3,480円 で定額(25ヶ月目以降は3,980円となるが、普通はその時点で解約するだろう)。支払い方法は口座振替も可能で選択肢があるのは利用者にとって嬉しいポイントだが、口座振替だと月額料金が割高になるだけでなく手数料もかかる(月200円)ので、よほどの理由がない限りはクレジットカード決済を選ぶ方がいいだろう。

とはいえ、国内外で使えるレンタルのモバイルWiFi サービスとしては、最近開始したばかりの「Mugen WiFi」の方が月額料金が少し安いだけでなく最新の端末を選ぶこともできるのでおすすめ。

海外での利用料金

アジア・オセアニア・ヨーロッパ・北米1日1,280円
中東・南米・アフリカ1日1,880円

海外では別途料金がかかり、国や地域によって2通りの料金がある感じ。

使えるのは1日1GBだけなので少し物足りない感じもするが、制限がかかっても最低384kbpsの速度で利用できるため、通常使う分には問題ないはずだ。

契約期間や契約解除料(解約金)

契約期間2年(自動更新)
契約解除料

0〜12ヶ月目:19,000円
13〜24ヶ月目:14,000円
26ヶ月目以降:9,500円
更新月:0円
※すべて税抜き

契約期間は2年で自動更新。

契約解除料については大手キャリアでSIMやスマホを契約しているのをイメージしてもらえると分かりやすいと思うが、更新月以外は契約している期間によって解除料が違う感じ。

通信制限なく、 docomo ・au・Softbank のLTE回線が使える

他社の WiFiレンタルサービス の中にも「通信制限なし」と謳っているサービスは多々存在するけれど、実は月100GB程度で制限がかかるところが多い。

どんなときもWiFi は通信制限が一切ないので、まさに使い放題(今後ユーザーが増えればある程度で通信制限がかかってくる可能性はある)。

記事の冒頭でも紹介したとおり、どんなときもWiFi はトリプルキャリアに対応。国内では docomo ・au・Softbank が繋がるすべてのエリアで使える(エリアによって自動で回線を切り替えてくれる)ので、速度や安定性にはかなり信頼がおける。

国内外を問わず、これ1台で。クラウドSIMを採用

世界107カ国に対応したクラウドSIM を採用しているため、使っている国や地域に応じて最適なSIM に自動で切り替えてくれる。

海外で使う場合には別途料金がかかってしまうのだけれど、海外で使える WiFiレンタルサービスは通常借りた日数分だけ金額が請求されるが、どんなときもWiFi の場合は使った分だけ費用がかかる仕組みになっているため無駄がない。

国内外兼用で同じ端末を使えるため、契約など煩わしい手続きが不要な点も嬉しい。

取扱端末は「D1(U2s)」1種類のみしか選べない

取扱端末は『D1』という端末1種類のみ。公式サイトでは新製品という感じでPRされているが、他社で使われている『U2s』という端末とスペック上はほぼ同じ(というか色以外は全く同じなので OEM っぽい感じだと思う)。

通信速度

下り最大:150Mbps
上り最大:50Mbps

連続通信時間約12時間
同時接続台数最大5台
端末の重量約151g

端末の詳細はこんな感じ。WiMAX の最新端末と比較するとやや物足りない感じはあるが、よほどのガジェットオタクでない限りは性能としては十分なはず。

唯一不満があるとすれば液晶画面がなく、大まかな電池残量と電波の強さしか分からない点くらいだろうか。

最短翌日発送。届いたらすぐに使える

全国無料で、最短で翌日には端末が発送されるのはかなり嬉しいポイント。ネット回線はもはやライフラインなので、届くのは1日でも速い方が助かるという人も多いはずだ。

とはいえ、今後ユーザーが増えてくれば発送の遅延が増えてくることも予想されるので、気になっている人は早めに契約しておいた方がよいかもしれない。

どんなときもWiFi の口コミや評判

Twitterで調べた口コミや評判はこんな感じ。WiMAX からの乗り換えだと人によっては不満を感じるかもしれないが、通常使う分には問題ない速度が出ている印象。

サービス開始後半年以上が経過したが、悪い口コミや評判は少なく、かなり信頼のおけるサービスだと言えるだろう。

どんなときもWiFi はおすすめしない。「Mugen WiFi」の方がおすすめ

順位サービス名月額料金
1位Mugen WiFi3,280円
2位hi-ho GoGo WiFi3,355円
3位よくばりWiFi3,450円
4位Chat WiFi3,380円
5位どんなときもWiFi3,480円
6位めっちゃWiFi3,480円
7位限界突破WiFi3,500円
8位hy-fi3,880円
9位FUJI WiFi(クラウドプラン)3,980円

国内外兼用でかつ、トリプルキャリアの回線が使えて月額3,480円というコスパの良さが特徴のサービス「どんなときもWiFi」を紹介してみた。

上の表はクラウドSIM採用のポケットWiFiサービスの料金を比較したもの(順位は月額料金だけで順位を決めているわけではなく、特典などトータルで決めている。)

表のとおり、どんなときもWiFi も決して高い方ではないが、最安とは言えない。

Mugen WiFi は他社と比較しても月額料金は最安であり、かつ今なら全額返金キャンペーンも実施中だ。この手のサービスで30日間試せて契約事務手数料も含めて返金に応じてくれるサービスは他にない。

料金やキャンペーンの内容は変わる可能性があるため、気になる人は早めに契約しておこう。

今回紹介したどんなときもWiFi 以外にも、国内外兼用で使える WiFi や国内のみで使えるおすすめのモバイルWiFi についても記事でまとめている。気になる人はチェックしておこう。

WiFi博士

WiFiを愛し、WiFiに愛されたいおじさん、それがWiFi博士。家電量販店や大手キャリアでの通信販売経験もなく専門家でもないが、誰よりもWiFiサービスについて詳しくなって、このサイトを訪れてくれた人のために世の中のWiFiサービス複雑過ぎてよくわからん問題を解決したいと思っている。

モバイルWiFi
モバイルWiFi研究室

コメント