【最安のポケットWiFi】在庫が無くなる前にチェックしておこう

ギガWiFiとは?月額料金最安で利用できるけど他社の方がおすすめな理由

4 min 12 views

自宅や旅先で気軽に、そして楽しくネットを楽しむためにポケットWiFi の契約を考えているけれど、「どのサービスを選べば良いのか分からない」という人は少なくないはず。

最近は国内外で使えるポケットWiFi サービスが増えてきており、いちいち海外に行くためだけにその都度 WiFi サービスを契約する必要がなくなったのは便利だが、段々とサービスの数が増えてくると正直どれが一番良いのか分かりづらい。

そういった人たちのために「本当におすすめのサービスはどれか」を徹底的に解説していく目的で当サイトを開設した。

そのためには数あるサービス1つ1つを知っておく必要があるのだが、この記事では業界最安級の月額料金が魅力的な「ギガWi-Fi」を紹介していくことにしよう。

ギガWiFiとは

ギガWiFi とは、株式会社「メディアサービス」が運営しているクラウドWiFiサービスのこと。

料金や端末に応じて 3つのプランから選べるところが特徴で、同じ端末で他社と比較した場合の料金は業界最安に迫る。

聞き馴染みのない会社が運営しているという点でやや信頼感に欠けるのが唯一のデメリット。個人的には比較的大手の会社が運営しており、かつ同じ料金(業界最安)で利用できる「BBN WiFi」の方がおすすめだ。

ギガWiFiの特徴(契約するメリット・デメリット)

いきなり否定から入ってしまったのだが、ギガWiFi のサービス内容を他社と比較しながら紹介していこう。

初期費用は事務手数料のみで、端末代金はかからない

初期費用合計0円
契約事務手数料3,000円
端末代金0円

初期費用は端末登録料として 3,000円がかかるのみ。他社と比較すると高くもないが安くもないといった感じ。

ちなみに端末代金は無料だが、この手のサービスでは珍しいことではない。

端末ごとに選べる3つのプラン。どれを選んでも業界最安級の料金

端末U2sU3G4Max
月額料金3,250円3,250円3,480円
データ通信量無制限無制限無制限

月額料金はずっと定額で、使いたい端末によってプランが選べるといった感じ。なお「U3」が選べるクラウドWiFi サービスは今のところギガWiFi くらいなので珍しい。

この手のサービスで「U2s」や「G4」が選べるサービスとしては「Mugen WiFi」が有名だが、どちらのプランを選んでもギガWiFi の方が安い。

どうしても「U3」を使いたいのであれば契約を検討しても良いかもしれないが「U2s」との違いはほとんどないし、機能面を踏まえると「G4」を選んだほうが無難。

とはいえ、今契約するなら先ほどから紹介している「BBN WiFi」を選ぶべき。「G4」が同じ料金で使えるだけでなく、期間限定でクオカードがもらえるキャンペーン中だからだ。

需要のある時期であるため、在庫が不足したり値上げする可能性もある。気になっている人は以下のリンクから早めに契約しておくことをおすすめする。

契約期間は3年。期間内に解約すると違約金がかかってしまう点に注意

契約期間3年
自動更新あり(3年)
契約期間ごとの解約金初月〜36ヶ月:19,800円
38ヶ月目以降:10,450円
更新月:無料

ギガWiFi の契約期間は3年で、自動更新となっている点には注意が必要。他社では 2年のところが多いため、これはデメリットと言えるだろう。

また、違約金自体も他社と比較すると高額。月額料金が安いのは大きなメリットだが、これは契約するのに躊躇する人も多いかもしれない。

上記した点が気になるという人は 100円ほど月額料金が高くなってしまうが「クラウドWiFi東京」というサービスなら契約期間の縛りがないので安心だ。

クラウドSIM対応の端末で、国内でも海外でも高速でかつ安定した通信を使える

SoftBank公式サイト」より引用

他社のクラウドWiFi サービスにも言えることだが、これは触れないわけにはいかない。

クラウドWiFi で使える端末にはクラウドSIM を採用しているため、使っている国や地域に応じて最適な回線に自動で切り替えてくれる。

そのため国内では docomo、au、SoftBank のエリアに応じた最適な回線で使うことができるだけでなく、海外でもその土地に応じた最適な回線を使える。

対応エリアが増えてきたとはいえ WiMAX だと繋がらないところもあるのだけれど、これなら安心して利用することができる。

海外利用について。対応国の一覧や速度制限がかかる1日あたりの通信量、料金など

対応エリアデータ容量料金
アジア、オセアニア、北アメリカ、南アメリカ、ヨーロッパ、アフリカを中心に、世界134カ国1日500MB
1日1GB
1日900円
1日1,200円

先ほど紹介したとおり、ギガWiFi は同じ端末で海外でも使うことができる。対応しているのは世界134カ国で、料金は1日に使うのデータ量によって異なるといった感じ。

他社の場合は使うエリアによって料金が異なるところが多いのだが、ギガWiFi は日本以外の国ではどこで利用しても同じ料金のようだ。

なお、1日あたりのデータ通信量を使い切ると 384Kbps と超低速になるのでまず使い物にならないところには注意が必要。

端末は「U2s」「U3」「G4」 が選べる

プランU2sU3G4Max
通信速度下り最大:150Mbps
上り最大:50Mbps
下り最大:150Mbps
上り最大:50Mbps
下り最大:150Mbps
上り最大:50Mbps
同時接続台数最大5台最大10台最大5台
端末の重量約151g125g約188g
連続使用可能時間12時間12時間12時間
備考画面がないので電池残量や接続状況がなんとなくしか確認できない画面がないので電池残量や接続状況がなんとなくしか確認できない画面があるので電池残量や接続状況の確認が容易。バッテリー容量が大きく、モバイルバッテリー代わりにもなる

端末の詳細はこんな感じ。

表で見たらわかるように速度などスペック上は大した違いはなく、重量や液晶の有無、モバイルバッテリーとして使えるかどうかくらい。

最終的に「どっちを選べばいいの?」という話だが、個人的にはこの差額なら画面上で使用状況が確認できて、機能も豊富な最新の端末「G4」を選ぶことをおすすめしたい。

もし「G4」を契約するのであれば先ほどから何度も紹介している「BBN WiFi」なら期間限定でキャンペーン実施中だし、そちらを選んだほうがお得だ。

月400円で加入できる端末保証オプションあり

端末保証オプション月400円
サービス内容故障・破損・水漏れ・全損・盗難・紛失など万が一のときに機器の交換を受けることができる。通常使用による自然故障、偶然の事故火災、盗難、紛失、破壊、落雷、水漏れで使用不能となった場合には、リファビッシュ品を 2,762円で交換できる。
なお、加入は契約時のみ。
「ギガWi-Fi」公式サイト

ギガWiFi は、月400円で端末保証に加入することができる。内容は上の表のとおり。加入するためには契約するときに同時に申し込んでおく必要がある点に注意しておこう。

ギガWiFiの口コミや評判(通信制限がある?)

Twitterで調べた「ギガWiFi」の口コミや評判はこんな感じ。

公式サイトでは「無制限」と強調しているにも関わらず、実質150GBで制限がかかるとのこと。

外出先だけでの利用を検討している人にとってはそれほど支障がないかもしれないが、メイン回線として使う人にとっては150GBでは到底足りないし、死活問題だろう。

公式サイトの記載も怪しいし、個人的にはおすすめはできない。

ギガWiFiは月額料金最安で利用できるけど、他社の方がおすすめ

ギガWiFi の特徴まとめ
  • 国内でも海外でも使えるクラウドWiFiサービス
  • 国内ではトリプルキャリア(docomo・au・SoftBank)対応
  • 月額料金は間違いなく業界最安
  • 契約期間が3年と他社よりも長く、契約期間内に解約すると高額な違約金がかかる点に注意
  • 実質150GBで速度制限がかかる
  • 総合的にみて、他社の方がおすすめ

というわけでクラウドWiFiサービス「ギガWi-Fi」を紹介してみた。

サービス名月額料金特徴
ギガWiFi3,250円
3,480円
端末によって選べる3つのプラン
どの端末を選んでも業界最安
運営元が大手
BBN WiFi3,250円
3,480円
端末によって選べる2つのプラン
どちらの端末を選んでも業界最安
クラウドWiFi東京3,380円契約期間の縛りなく使えるサービスとしては最安(現在申し込み停止中)
ポケットモバイルCloud 3,250円月額料金最安だが「無制限で使えない」という口コミや評判を見かけるためおすすめできない
よくばりWiFi3,450円月額料金2ヶ月無料
カード入会で6,000円キャッシュバック
hi-ho GoGo Wi-Fi3,355円現在申し込み停止中
ZEUS WiFi3,280円キャンペーン中で6ヶ月間は業界最安。
オリジナルの端末「H01」が使える
まるっとWi-Fi3,280円〜同社のサービスと併用すれば月額料金から割引
Mugen WiFi3,280円現在受け付け停止中
THE WiFi3,380円5G対応予定
無料でWiFiスポットが使えるプランあり
スマホドッグWiFi3,480円契約期間の縛りなく使える
最新の端末「G4」が使えるサービスとしては最安
どんなときもWiFi3,480円口座振替が可能
めっちゃWiFi3,480円現在申し込み停止中
Chat WiFi3,380円契約期間の縛りなし
初期費用が高い
限界突破WiFi3,500円端末が信頼できない
hy-fi(ハイパーマルチWiFi)3,880円現在申し込み停止中
FUJI Wifi(クラウドプラン)3,980円契約期間の縛りなし

契約期間の縛りを気にしないという人には、月額料金最安で利用できる「BBN WiFi」がおすすめ

表をみてもらうと明らかだが「BBN WiFi」は数あるクラウドWiFi サービスの中でも月額料金最安で利用できる(単純に料金だけで比較すると「ポケットモバイルCloud」や「ギガWiFi」も最安だが、サービス内容や口コミなど総合的にみるとおすすめはできない)。

また、口コミや評判に悪いものを見かけず信頼感が置けることや、画面上で使用状況が確認できる最新の端末「G4」が最安で使えるサービスであるという点も見逃せない。

コロナウイルスの影響で他社では端末の在庫が不足しているところも多いと聞いているが「BBN WiFi」に関してはまだ在庫があるようだ。

とはいえ、需要のある時期のためいつ在庫が不足するかわからないし、需要が増えれば値上げする可能性もある。

今のところは悪い口コミや評判も見かけないし、気になっている人は今すぐにでも以下のリンクから申し込んでおくことをおすすめする。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください