【最安のポケットWiFi】在庫が無くなる前にチェックしておこう

ギガトラWiFiはおすすめ?口コミ評判、メリット・デメリットを総まとめ【SIMプランは業界最安級】

5 min 5 views

自宅や旅先で気軽に、そして楽しくネットを楽しむためにポケットWiFi の契約を考えているけれど、「どのサービスを選べば良いのか分からない」という人は少なくないはず。

最近ポケットWiFi サービスが増えてきていて、競争により安く利用できるようになったのはユーザーとして嬉しいところだが、サービス内容や料金形態が複雑化してきており公式サイトを読んでも正直分かりづらい。

そういった人たちのために「本当におすすめのサービスはどれか」を徹底的に解説していく目的で当サイトを開設した。

そのためには数あるサービス1つ1つを知っておく必要があるのだが、月額2,990円からと一見お得に見えるサービス「ギガトラWiFi」を紹介していくことにしよう。

ギガトラWiFiとは

ギガトラWiFi とは、以前紹介した「KING WiFi」などを提供している株式会社「GLANZ」が運営しているポケットWiFi サービス。

以前紹介した「FUJIWifi」と同じく、ポケットWiFi だけでなく SIM も提供しているため、すでに SIMフリーのルーターを持っている人やセルラー版の iPad 、格安スマホを持っている人にとっては気になっている人もいるかもしれない。

SIMだけなら月額2,990円からと一見するとお得に感じるかもしれないが、この金額は25ヶ月分を先にまとめて支払った場合の料金。SIMを契約するのであれば契約期間の縛りのない、より気軽に使える「Nomad SIM」や「FUJIWifi」の方がおすすめだ。

ギガトラWiFiの特徴(契約するメリット・デメリット)

いきなり否定から入ってしまったが、ギガトラWiFi のサービス内容を各社と比較しながら紹介していこう。

初期費用は契約事務手数料がかかるのみ

初期費用合計3,800円
契約事務手数料3,800円
端末代金(ルータープラン)無料

初期費用は契約事務手数料として3,800円がかかるのみで、他社と比較するとやや高め(他社では3,000円のところが多い)。

SIMプラン、ルータープランそれぞれの月額料金

料金を紹介していくが、SIMプランとルータープランで異なるため分けて紹介していく。

SIMプランの料金

おまとめ期間なし3ヶ月6ヶ月12ヶ月25ヶ月
一括支払い金額3,700円10,800円21,000円40,800円74,750円
実質月額料金3,700円3,600円3,500円3,400円2,990円

まずは SIMプランから紹介。ギガトラWiFi は一定の期間分の料金をまとめて支払うことで実質の月額料金が安くなるという特徴がある。

一括で支払わなくても以前紹介した「FUJIWifiのSIMプラン」よりも安く無制限で使えるため、SIMプランに関して言えば他社のサービスよりもおすすめだと言えるだろう。

ルータープランの料金

おまとめ期間なし3ヶ月6ヶ月12ヶ月25ヶ月
一括支払い金額3,800円11,100円21,600円42,000円82,250円
実質月額料金3,800円3,700円3,600円3,500円3,290円

次に紹介するのがルータープラン。

おまとめ期間なしで利用すれば契約期間の縛りなく利用できるというメリットがあるが、その場合は「クラウドWiFi東京」の方が安く利用できるのでお得感は全くない。

また、25ヶ月間使う前提だと実質月額3,290円で利用できることになるが「ネクストモバイル」なら3,100円で利用できる。

以上の理由から、ルータープランに関してはギガトラWiFiで契約する理由がない。

無制限ではなく、実際は月100GBから200GBで制限がかかる点に注意

ギガトラWiFi を契約する上で最も注意しておきたいのが、通信制限について。

公式サイトでは大きな文字で「通信制限なし」と記載してあるが、小さな文字で「月100GBから200GBで制限がかかる」と記載されている。

他社でもこのような記載をしているところはあるが、契約を検討している人が勘違いしそうな表記であり、こういうことをする会社は個人的には信頼できない。

SoftBank の LTE回線が使えるため、利用可能なエリアが広い

SoftBank公式サイト」より引用

WiMAX は地下鉄やマンションなど、屋内では電波が届きづらいという特徴があるため、これはある意味メリット。

SoftBank の LTE回線が使えるサービスはいくらでもあるが「この月額料金で無制限で使える」サービスは少ない。

繋がらないところはよほどの田舎でないとないはずだが、利用可能なエリアが気になる人については以下のリンクをチェックしておこう。

SoftBankサービスエリアマップをチェック

ルータープランの端末は2種類

ルーター端末602HWFS030W
通信速度下り最大:350Mbps
上り最大:37.5Mbps
下り最大:140Mbps
上り最大:50Mbps
同時接続台数14台14台
連続通信時間約8.5時間約20時間
端末の重量約135g約128g
インターフェイスUSB 3.0micro USB

他社では端末は「FS030W」のみであるところがほとんどだが、ギガトラWiFi には2種類の端末が存在する。

表を見ると下りの速度が早い「602HW」の方が良さそうだが、実際の速度は大差ない。どちらにせよ届く端末はユーザーが選ぶことはできないことには注意が必要だ。

端末保証(ギガトラバリア)

ルータープラン:月額600円SIMプラン:月額300円
本体
背面カバー
電池パック(年1回まで)
盗難、紛失(2年に1回まで)
盗難、紛失(2年に1回まで)
SIMカード

ギガトラWiFi はオプションで端末保証が用意されているので、いざというときには安心。

とはいえ、通常はルーター込みのサービスでも月400円から 500円のところが多いので割高感は否めない。

ウイルスセキュリティ

ウイルスセキュリティ月500円(初月無料)
サービス内容PCやスマホ(iPhone、Android端末に対応)のセキュリティソフト
端末数は3台まで
※サービス契約時に強制加入

セキュリティソフトは強制加入で、月500円。内容的には多くのユーザーにとっては全く必要のないものだ(無料のアプリでも高機能なものはたくさんある)。

初月は無料だが、外し忘れると無駄に毎月500円支払う必要があるので、ユーザーにとって親切だとは言えない。

3週間以内までなら、全額返金保証の対象になる

全額返金保証
1.発送日から3週間以内に返却し、返送時の問い合わせ番号を連絡する
2.ギガトラWiFiの利用が初めてである
3.クーポンを利用しての申し込みである
※返却事務手数料1,000円が発生することに注意

ここまでの内容ならお世辞にもおすすめできるサービスだとは言えないのだが、ギガトラWiFiの最大の特徴がこれ。

ギガトラWiFi を新規で契約した場合、3週間以内までなら全額返金保証の対象となるというものだが、条件も厳しくないし「とりあえず試してみたい」という人にはおすすめ。

とはいえ、クラウドWiFiサービス「BBN WiFi」であれば30日以内までとギガトラWiFi よりも長い期間利用できてかつ月額料金も安いのでおすすめだ。

ギガトラWiFiの口コミ評判

Twitterで検索した口コミや評判としてはこんな感じ。

速度に関しては下り 20Gbpsと動画の視聴なら全く問題ないし、サポートの対応が良いというのは嬉しいポイント。

ギガトラWiFiについてのまとめ

ギガトラWiFiについてのまとめ
  • 支払い方法を月々もしくは一括と選ぶことができる
  • SoftBankのLTE回線が使えるので、速度が速く、エリアも広い
  • 3週間以内なら全額返金保証の対象になるので、試しに使ってみるのにおすすめ
  • SIMプランは業界最安級(「Nomad SIM」や「FUJIWifi」より安い)
  • ルータープランは他社の方がおすすめ

この記事ではギガトラWiFi のサービス内容を詳しく紹介してみた。SIMプランに関しては一括で支払えば業界最安級の実質月額料金で利用できる。

全額返金保証もあるので、iPadユーザーやスマホのテザリングを利用したいという人は試しに使ってみるのもおすすめだ。

公式サイトをチェックする

ルータープランに関しては、総合的にみるとおすすめはできない。他社の方が安く利用できるからだ。

サービス名ギガトラWiFiBBN WiFiクラウドWiFi東京
月額料金月3,290円(最安プランでの実質月額料金)月3,250円月3,380円
データ容量実質月100〜200GB無制限無制限
契約するメリット全額返金保証業界最安の料金で無制限で使える
期間限定キャンペーン中
海外でも使える
無制限で使える
契約期間の縛りなし
海外でも使える

上の表は今回紹介したギガトラWiFi と当サイトおすすめのポケットWiFi サービスを 2つだけ厳選して比較したもの。

表を見ればわかるとおり、どう考えても比較している 2社の方がおすすめ。

サービス名月額料金特徴
ギガWiFi3,250円
3,480円
端末によって選べる3つのプラン
どの端末を選んでも業界最安
運営元が大手
BBN WiFi3,250円
3,480円
端末によって選べる2つのプラン
どちらの端末を選んでも業界最安
クラウドWiFi東京3,380円契約期間の縛りなく使えるサービスとしては最安(現在申し込み停止中)
ポケットモバイルCloud 3,250円月額料金最安だが「無制限で使えない」という口コミや評判を見かけるためおすすめできない
よくばりWiFi3,450円月額料金2ヶ月無料
カード入会で6,000円キャッシュバック
hi-ho GoGo Wi-Fi3,355円現在申し込み停止中
ZEUS WiFi3,280円キャンペーン中で6ヶ月間は業界最安。
オリジナルの端末「H01」が使える
まるっとWi-Fi3,280円〜同社のサービスと併用すれば月額料金から割引
Mugen WiFi3,280円現在受け付け停止中
THE WiFi3,380円5G対応予定
無料でWiFiスポットが使えるプランあり
スマホドッグWiFi3,480円契約期間の縛りなく使える
最新の端末「G4」が使えるサービスとしては最安
どんなときもWiFi3,480円口座振替が可能
めっちゃWiFi3,480円現在申し込み停止中
Chat WiFi3,380円契約期間の縛りなし
初期費用が高い
限界突破WiFi3,500円端末が信頼できない
hy-fi(ハイパーマルチWiFi)3,880円現在申し込み停止中
FUJI Wifi(クラウドプラン)3,980円契約期間の縛りなし

契約期間の縛りを気にしないという人には、月額料金最安で利用できる「BBN WiFi」がおすすめ

表をみてもらうと明らかだが「BBN WiFi」は数あるクラウドWiFi サービスの中でも月額料金最安で利用できる(単純に料金だけで比較すると「ポケットモバイルCloud」や「ギガWiFi」も最安だが、サービス内容や口コミなど総合的にみるとおすすめはできない)。

また、口コミや評判に悪いものを見かけず信頼感が置けることや、画面上で使用状況が確認できる最新の端末「G4」が最安で使えるサービスであるという点も見逃せない。

コロナウイルスの影響で他社では端末の在庫が不足しているところも多いと聞いているが「BBN WiFi」に関してはまだ在庫があるようだ。

とはいえ、需要のある時期のためいつ在庫が不足するかわからないし、需要が増えれば値上げする可能性もある。

今のところは悪い口コミや評判も見かけないし、気になっている人は今すぐにでも以下のリンクから申し込んでおくことをおすすめする。

契約期間の縛りなく利用したいなら「クラウドWiFi東京」がおすすめ

契約期間の縛りなく使いたいなら「クラウドWiFi東京」というサービスがおすすめだ。

契約期間の縛りなく月3,380円で使える上、国内ではトリプルキャリア(docomo・au・SoftBank)の回線がエリアに応じて自動で切り替わる。

同じ端末で海外でも使えるところも大きなメリットで、他社と比較してもかなりバランスの良いポケットWiFi サービスだ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください