今なら1年間無料キャンペーン中。ポケットWiFi代わりに使えておすすめ

hi-ho WiMAX2+(ハイホーワイマックスツー)は契約するな!他社と比較しながら理由を紹介

3 min 149 views

外出先や自宅で気軽に、そして快適にネット生活を過ごすために WiMAX の契約を考えているけれど、「どのサービスを選べば良いのか分からない」という人は少なくないはず。

そういった人のために「本当におすすめのサービスはどれか」を徹底的に解説していく目的で当サイトを開設したというのもある。

そのためには数あるサービス1つ1つを知っておく必要があるのだが、今回はその第8回目として通信回線を提供している会社としては大手のハイホーが運営する「hi-ho WiMAX2+」を紹介していくことにしよう。

hi-ho WiMAX2+(ハイホーワイマックスツー)とは

hi-ho WiMAX2+ とは、ハイホー株式会社が運営している WiMAX のプロバイダ。

ハイホーは以前当サイトでも紹介した「hi-ho GoGo Wi-Fi」など他のサービスも提供しており、比較的歴史のある会社なので安心感はある。

さらに、キャッシュバックなどの特典がない代わりに、面倒なオプションへの加入も不要なシンプルなプランがある意味特徴と言えるかもしれない。

ただ、他の WiMAX を提供しているプロバイダと比較すると料金や特典などを総合的にみておすすめする理由がない。

詳しくは後述するが、WiMAX を契約するなら「GMO WiMAX2+」が最もおすすめ。@nifty WiMAX よりも遥かに高額なキャッシュバックを現金で受け取れるからだ。

hi-ho WiMAX2+ の特徴(メリット・デメリット)

契約前に確認しておきたい hi-ho WiMAX2+ の特徴を紹介しておこう。

初期費用は契約事務手数料が3,000円のみ

契約事務手数料3,000円

JP WiMAX の初期費用は、数ある WiMAX のプロバイダの中でも有名な「GMOとくとくBB」や「Broad WiMAX」と同じ3,000円。

プランは4種類。契約するならギガ放題プランだが、月額料金は他社と比べて割高

利用開始月1〜12ヶ月目13〜24ヶ月目25ヶ月目
3,780円の日割り3,780円4,000円4,300円

プランは全部で4種類あり、ギガ放題プラン、7GBプランそれぞれに通常プランとセレクトプランが分かれて存在しているという感じ。

月 7GB しか使えないという時点で使えないのでここでは詳しく触れないが、ギガ放題プランにもセレクトプランが存在し、その内容について少し触れておこう。

セレクトプランとは、訪問サポートやデータの復旧などの4つのオプションへの加入が義務付けられたプランで、それが月1,100円で使えるというものだが、正直これらのオプションの内容であればネットで調べれば自分でできるようなものばかりなので、これで月額料金が割高になるのであれば契約する理由がない。

以上を踏まえると、契約するのであれば通常のギガ放題プラン一択になるが他社と比較すると割高になっているので、正直おすすめはできない。

取り扱い端末は3種類。自宅専用の端末も選ぶことができる

端末W06WX05HOME L02
通信速度下り最大
1.2Gbps
上り最大
75Mbps
下り最大
440Mbps
上り最大
75Mbps
下り最大
1Gbps
上り最大
75Mbps
同時接続16台10台42台
連続通信時間最大約9時間最大約16時間40分
連続待ち受け時間約800時間約700時間

取り扱い端末は計3種類で、契約時に好きなものを選ぶことができる。「どれにしたら良いのかわからない」という人はとりあえず以下の通りに選んでおけば間違いはないはずだ。

WiMAXの端末の選び方
  • 外出時に使う:W06
  • 自宅でのみ使う:HOME L02

端末に関しては他社とほぼ同じ。

選べる端末が少ないという見方もできるが、最新の端末だけを選択できるようにしているという点ではある意味好印象だと言えるかもしれない(一部の他社は少し古い端末を併売している)。

auスマートバリューは対象外

hi-ho WiMAX2+ は、auスマートバリューの対象外な点も注意。

auスマートバリューというのは、auスマホとセットで契約すると月額料金から最大1,000円割り引かれるというもので、auユーザーで通信費を抑えたい人にとってはかなりありがたい特典だ。

docomo や SoftBank ユーザーは関係のない話だが、他社の WiMAX のプロバイダのほとんどは auスマートバリューの対象となっているため、これはデメリットだと言えるだろう。

hi-ho WiMAX2+ の解約金や解約方法について

hi-ho WiMAX2+ は更新月以外に解約するとかなり高額な違約金がかかるという点にも注意しておきたい。

例えば、1年以内に解約すると安くても3万円近くの違約金がかかり、これは他社と比較してもかなり高額(他社は高くても2万円以下)。

解約方法は電話受付のみで、インフォメーションデスクに連絡することで可能。

hi-ho インフォメーションデスク

連絡先:0120-858-140(無料)

受付時間:9:00〜18:00(年中無休)

先ほど紹介したとおり高額な違約金がかかってしまうので、解約するのであれば更新月にすることをおすすめする(というかそもそも契約しない方が無難ではある)。

hi-ho WiMAX2+ は契約するな!当サイトでは「GMOとくとくBB」を推します

hi-ho WiMAX2+がおすすめできない理由
  • 月額料金が高い
  • キャッシュバックなどの特典も受けることができない
  • auスマートバリューの対象外
  • 以上の理由から、他社と比較しておすすめできる理由がない

というわけでこの記事では hi-ho WiMAX について紹介してきたが、上記の理由から他社で契約した方がお得感があるのは間違いない。

順位プロバイダ名CB月額料金
1位GMOとくとくBB27,000円3,609円〜4,263円
2位JP WiMAX10,000円2,800円〜4,100円
3位カシモWiMAX0円1,380円〜4,079円
4位DTI WiMAX0円2,590円〜3,760円
5位Broad WiMAX0円2,726円〜4,011円
6位BIGLOBE WiMAX15,000円3,980円
7位hi-ho WiMAX0円3,780円〜4,300円
8位So-net WiMAX0円3,380円〜4,379円
9位UQ WiMAX3,000円4,323円

上の表は、当サイトで紹介した WiMAXプロバイダの料金を計算したものだ(すべてギガ放題プランでの料金を記載している)。

「GMOとくとくBB」は27,000円と高額なキャッシュバックを現金で受け取れる(ただしすぐには受け取れない)

表をみると明らかなとおり、最もおすすめなのは先ほどから何度も紹介している「GMOとくとくBB」だ。

キャッシュバック額は数あるプロバイダの中でも最高額であり、しかも現金で受け取ることができるという点はかなり魅力的。

ただ、そのキャッシュバックを受け取る手順が若干ややこしく「契約後11ヶ月目にGMOから届くメールのリンクから振り込む口座を入力する」というもの。契約後しばらく経っているため、忘れてしまう人も多いらしいので、注意しておこう。

なお、高額なキャッシュバックを受け取ることができるのは、以下のリンクからだけ。Google で「GMO WiMAX2+」などと検索しても出てこないので、契約を検討している人は必ず以下のリンクから契約するようにしよう。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください