【期間限定】クリスマスキャンペーン中!最安級の料金で高機能な端末が使えます
Click here!

【クリスマスキャンペーン中】Mugen WiFiとは?クラウドSIM対応のサービスでは現状最安の料金が魅力的

モバイルWiFi

自宅や旅先で気軽に、楽しくネットを楽しむためにモバイルWiFi の契約を考えているけれど、「どのサービスを選べば良いのか分からない」という人は少なくないはず。

最近は国内外で使えるモバイルWiFi サービスは増えてきており、いちいち海外に行くためだけにその都度 WiFi サービスを契約する必要がなくなったのは便利だが、段々とサービスの数が増えてくると正直どれが一番良いのか分かりづらい。

そういった人たちのために「本当におすすめのサービスはどれか」を徹底的に解説していく目的で当サイトを開設した。

そのためには数あるサービス1つ1つを知っておく必要があるのだが、今回は最近ローンチしたばかりのサービス「Mugen WiFi」を紹介していくことにしよう。

ちなみにこの Mugen WiFi、12月6日から25日までと期間限定でクリスマスキャンペーンを実施中。通常月3,880円の上位プランが3,280円と格安プランと同じ金額で利用することができるため、かなりお得になっている。この手のサービスでは間違いなく最安の料金で高機能な端末が使えるのはこの期間だけなので、気になる人は早めに公式サイトをチェックしておくことをおすすめする。

Mugen WiFi の概要

Mugen WiFi とは、surfave株式会社 が運営するモバイルWiFiサービス。

2019年10月にローンチしたばかりのサービスだが、国内では3,280円というこの手のサービスの中でも最安の月額料金で利用できるだけでなく、トリプルキャリア(docomo・au・Softbank)の回線を無制限で使うことが可能なため、WiMAX など他のサービスを契約するよりもはるかに安く、そして快適にネット回線を楽しむことができる。

また、海外でも利用可能なため出張や旅行などで海外に行く人にとっては文字通り「無限に」使えるサービスだと言えるはずだ(ちょっと無理があるか)。

Mugen WiFi の特徴(メリット・デメリット)

契約前に確認しておきたい Mugen WiFi の特徴を紹介しておこう。

初期費用は契約事務手数料が3,000円かかるのみ(以前よりも値下げした)

契約事務手数料3,000円

少し前までは契約事務手数料は6,000円と他社と比較すると高額であったが、現在は3,000円のみと他社と並んだ形。

【2019年12月6日、クリスマスキャンペーン中】2種類のプランが存在。業界最安級の月額料金、契約期間や支払い方法

 アドバンスプラン格安プラン
月額料金3,280円(通常は3,880円)3,280円
契約期間2年2年
支払い方法クレジットカードクレジットカード

Mugen WiFi には料金の異なる2種類のプランが存在するが、簡単に言えば端末が多機能かどうかで判断すれば良いという感じだ(端末については後で紹介する)。

記事の冒頭でも紹介したとおり、2019年12月6日現在、クリスマスキャンペーンで「アドバンスプラン」が格安プランと同じ料金という意味がわからない安さになっている。

ちなみにこの3,280円という料金、2019年12月時点での(WiMAXも含めた)他のサービスと比較しても最安級。

どう考えてもこのクリスマスキャンペーンの期間中に「アドバンスプラン」を契約した方がお得なのでできるだけ早く契約しておこう。

契約期間は他社と同じく2年で、自動更新となっている。以前は1年未満で解約すると2万円近くもの違約金がかかっていたが、現在は他社と同じくらいの価格になった。

1年未満9,000円
1年〜2年未満5,000円
それ以降9,500円

ちなみに、国内・海外で使えるという点で Mugen WiFi と同様のサービス「Chat WiFi」であれば契約期間の縛りがなく解約時の違約金も発生しない。

海外利用について。対応国の一覧や速度制限がかかる1日辺りの通信量

地域料金データ通信量
アジア・ヨーロッパ
アメリカ・オーストラリア
1,200円1GB/1日
中東・アフリカ
南米
1,600円1GB/1日

Mugen WiFi のメリットの1つとして、海外利用が可能なところがある。表では簡単にエリアのみしか記載していないが、もっと詳しく対応国を見たい人は公式ページ「Mugen WiFi」をチェックしておこう。

料金は大まかなエリアによって異なり、1,200円と1,600円の違いがある。この料金に関しては他社と比較してほぼ同じ。

1日1GBで通信制限がかかってしまうという点に関しても他社と同じだが、少ないと感じる人も多いはず。Mugen WiFi は 速度制限時にも 384Mbps ( YouTube動画が見れる速度 )で利用可能なので、神経質にならずに使えるのは嬉しい。

今なら30日間お試しで使える全額返却キャンペーン中

Mugen WiFi は現在、契約後30日以内に返却すれば全額返金されるキャンペーンを実施している。他社ではクーリングオフ制度ギリギリの8日間までなら返却可能であるが、30日間使えるところは他にない。

以下は公式サイトより引用した

30日おためし全額返金保証の適応条件

※以下①〜③の条件を全て満たさない場合 受付を完了できませんためご了承ください

①フォームからの申込日から30日以内に 「30日おためし全額返金保証」の旨と 「解約理由」「決済番号」をお問い合わせフォームより連絡すること。
②返品の「発送日時」が30日以内であること。
 例)申し込みが8月1日 PM1:00の場合
    ○保証対象:8月30日 PM7:00の発送   ×保証不可:8月31日 AM7:00の発送
③Mugen WiFiのご利用が初めてであること。
④海外のご利用がある場合、デイリーの利用料金が別途発生いたします。 ⑤50GBを超える容量をご利用頂く場合、9,000円の解約費用がかかります。さらに端末未返却の場合、翌月〜24ヶ月分×1,600円の費用が発生いたします

注意事項

①箱の破損などや説明書の欠品がある場合、追加費用として20,000円(税抜)が発生します。
②30日以上を過ぎた場合は違約金が発生いたします。
③返却処理手数料として1,000円(税抜)発生いたします。
④また送料負担については、申込者側の負担となります。

※2019年11月29日公式サイト「Mugen WiFi」より引用

先ほど紹介した「クリスマスキャンペーン」もあるし、とりあえずこの機会に契約しておいて、気に入らなければ30日以内に返却するということもできるのは嬉しい。

クラウドSIM対応の端末で、国内でも海外でも高速でかつ安定した通信を使える

Mugen WIFi で使える端末にはクラウドSIM を採用しているため、使っている国や地域に応じて最適な SIM に自動で切り替えてくれる。

そのため、国内では docomo、au、SoftBank のエリアに応じた最適な回線で使うことができるだけでなく、海外でもその土地に応じた最適な回線を使える。対応エリアが増えてきたとはいえWiMAX だと繋がらないところもあるのだけれど、これなら安心して利用することができる。

取り扱い端末は2種類。最新で高機能な端末が使えるのは嬉しい

ガジェット好きとして嬉しいのはこれ。似たようなサービスでは『U2s』1種類のみであったのだが、ネットを使う分には大した支障はないものの画面がなくどの程度バッテリーを消耗しているのか、接続できているのかなどの情報が分かりづらかった。

対して、Mugen WiFi では『G4』という最新の端末が使える。スマートフォンのような画面が備わっているため情報の確認が容易であることと、モバイルバッテリーとしても使える高機能な端末だ。

 アドバンスプラン格安プラン
利用端末G4U2s
速度(下り)150Mbps150Mbps
速度(上り)50Mbps50Mbps
連続通信時間約12時間約12時間
重さ188g149g
バッテリー3,900mAh3,500mAh

表で見たらわかるように速度や通信時間など、スペック上は大した違いはなく、液晶の有無とモバイルバッテリーとして使えるかどうかくらい。

この差で月額600円払えるかどうかだが、先に紹介したようにこだわりがない人は格安プランを選んでおけばいいだろう。

端末保証はオプションで、月500円

端末保証(月額500円)
保証対象
  • 取扱説明書及びその他の注意事項等の記載内容に従った、正常な使用状態の下で機器が故障した場合
  • 機器が水濡れで故障した場合
  • 機器が破損により故障した場合
  • 機器が全損した場合
保証対象外以下の場合、修理・交換は有償となります。
  • 故意による破損
  • 改造による破損
  • 盗難および紛失 
  • 仕様による劣化や色落ちがある場合

WiMAX のプロバイダの一部ではキャッシュバックなどの特典を受け取る条件に端末保証オプションへの加入を義務付けているところも存在する中、Mugen WiFi の場合はユーザーが選択できる(まぁ初期不良などを除いて普通に使っていればまず保証のお世話になることはないのだけど)。

Mugen WiFi の口コミや評判、使った感想など

Twitterで口コミや情報を調べてみると、こんな感じ。速度については概ね満足している人が多いが接続にやや支障がある様子。

おそらく端末が2.4GHz帯(電波が遠くまで届きやすいというメリットがある反面、家電やBluetoothなどの電波と干渉しやすい)にしか対応していないことが原因で、混雑している電車などでは接続が途切れやすいのかもしれない(WiMAXの端末とかでも途切れることは普通にあるけど)。

とはいえ、否定的な口コミはほとんど見かけなかったので、契約して普通に使う分には料金も安いし、問題ないのかもしれない(もし否定的な意見があったときは教えてほしい)。

Mugen WiFi と「どんなときもWiFi」「よくばりWiFi」などの他社との比較

順位サービス名月額料金
1位Mugen WiFi3,280円
2位hi-ho GoGo WiFi3,355円
3位よくばりWiFi3,450円
4位Chat WiFi3,380円
5位どんなときもWiFi3,480円
6位めっちゃWiFi3,480円
7位限界突破WiFi3,500円
8位hy-fi(ハイパーマルチワイファイ)3,880円
9位FUJI WiFi(クラウドプラン)3,980円

上の表は、Mugen WiFi の競合となるサービスで比較的メジャーな「どんなときもWiFi」「よくばりWiFi」などと比較したもの。

サービス内容としてはほぼ同じなので決め手は料金となるが、表を見てもらえば一目瞭然。Mugen WiFi が文句なしに最安だ。

Mugen WiFi についてのまとめ

Mugen WiFi についてのまとめ
  • クラウドSIM対応のポケットWiFiサービスで最安の料金(月3,280円)
  • 最新の端末「G4」が選べる
  • 30日間契約事務手数料なども不要な全額返金キャンペーン中
  • クリスマスキャンペーンで高機能な端末が使えるプランが最安の料金で使える
  • キャンペーンは期間限定なので、契約するなら今しかない

これまでにも国内外で使えるポケットWiFi サービスをいくつか紹介してきたが、料金やトリプルキャリアが使える点などを考慮すれば最もおすすめであった「よくばりWiFi」よりも優れたサービス。

2019年12月6日現在、クリスマスキャンペーン中で他社と比較しても月額料金最安の料金で最新の端末が使える。期間限定なので、気になる人はお早めにどうぞ。

今回紹介した Mugen WiFi 以外にも、国内外兼用で使える WiFi や国内のみで使えるおすすめのモバイルWiFi についても記事にしてまとめている。気になる人はチェックしておこう。

WiFi博士

WiFiを愛し、WiFiに愛されたいおじさん、それがWiFi博士。家電量販店や大手キャリアでの通信販売経験もなく専門家でもないが、誰よりもWiFiサービスについて詳しくなって、このサイトを訪れてくれた人のために世の中のWiFiサービス複雑過ぎてよくわからん問題を解決したいと思っている。

モバイルWiFi
モバイルWiFi研究室

コメント