今なら1年間無料キャンペーン中。ポケットWiFi代わりに使えておすすめ

要注意!ソフトバンクエアーはおすすめしない。口コミや評判、メリット・デメリットを総まとめ

6 min 35 views

自宅で快適にネット生活を過ごすために固定回線の契約を考えているけれど、「どのサービスを選べば良いのか分からない」という人は少なくないはず。

そういった人のために「本当におすすめのサービスはどれか」を徹底的に解説していく目的で当サイトを開設したというのもある。

そのためには数あるサービス1つ1つを知っておく必要があるのだが、この記事では工事不要で自宅で使えるだけでなく、高額なキャッシュバックを PRしていることが特徴な「SoftBank Air(ソフトバンクエアー)」を紹介していこう。

結論から先に言ってしまえば、ソフトバンクエアーはおすすめできない。キャッシュバックは魅力的だが、最終的には月額料金の安さで選んだほうがお得に使えるからだ。

当サイトとしては月額料金の安い「モバレコエアー」の方がおすすめ。比較しながらその理由を紹介していく。

目次

ソフトバンクエアーの概要

ソフトバンクエアーとは、SoftBank が提供するホームルーターサービス。

ホームルーターというのは一般的な光回線などとは違い、工事不要で自宅に端末が届いた時点で使える点が特徴。

SoftBank のスマホ料金が安くなったり、工事が不要のため解約時にも面倒な手続きが不要な点が大きなメリット。また、運営会社が大手の SoftBank だという安心感もある。

とはいえ、当サイトとしてはおすすめはできない。まったく同じ端末・回線が使えて契約期間内の総額が安い「モバレコエアー」というサービスがあるからだ。

ソフトバンクエアーのサービス内容(料金や端末の詳細など)

ソフトバンクエアーのサービス内容を紹介していこう。

初期費用は契約事務手数料のみ。工事費用がかからないのは嬉しいポイント

初期費用3,000円
契約事務手数料3,000円
工事費用工事自体が不要なため無料

ソフトバンクエアーの初期費用は契約事務手数料として3,000円のみ。光回線などとは違って工事が不要なためそのための料金がかからないのは嬉しい。

光回線で工事が必要な場合を考えると、最大で2万円近くかかってしまうこともあるためこれが無料となるのは大きい。

月額料金は他社と比較して割高。契約期間は2年

利用期間SoftBankAirのみSoftBankスマホを使っている人
1〜12ヶ月3,800円4,300円
13ヶ月目以降4,880円4,880円
契約期間2年2年

月額料金は利用期間と SoftBank のスマホを契約しているかどうかに応じて代わり、内訳は表のとおり。

「なぜ SoftBank のスマホを使っているのに料金が高くなっているの?」という理由だが、SoftBank のスマホの月額料金から最大1,000円割引という形をとっているためトータルで見ると安くなるため(こういう分かりづらい割引の仕方は個人的には嫌い)。

光回線の中でも速度を含めて評価の高い「Nuro光」の月4,743円と比較すると割安感はあるが「モバレコエアー」だと月3,344円と圧倒的に安い。

契約期間は2年。途中で解約すると違約金がかかる点に注意

契約期間2年
更新月以外に解約9,500円

ソフトバンクエアーの契約期間は2年で、自動更新となっているため途中で解約すると高額な違約金がかかってしまう点に注意。

ただこの料金は他社の光回線なんかと比較すると割安なので良心的と言えるだろう(「ドコモ光」だと13,000円)。

端末は SoftBank「Airターミナル3」

端末Airターミナル3
サイズ約208x95x95mm
重さ本体:約 550g 
アダプタ:約 150g
通信方式4G方式:
AXGP(2.5GHz)
TDD-LTE (3.5GHz)
通信速度下り最大350Mbps
Wi-FiIEEE 802.11a/b/g/n/ac
最大866Mbps
WiFiクライアント最大接続数64

端末は本家ソフトバンクエアーと比較すると旧型となる「Airターミナル3」。光回線だと最大1Gbpsのところがほとんどのため、これはデメリットと言えるかもしれない。

まぁ工事不要で(ケーブルを使わずに)使用できるメリットがあるためどちらが良いとも言えないが、速度を求める人には正直おすすめはできない。

なお「モバレコエアー」は最新の端末「Airターミナル4」が利用でき、下り最大 962Mbps というスペックなのでこちらと比較するとマシなはずだ。

ソフトバンクエアーを契約するメリット・デメリット

続いてソフトバンクエアーを契約するメリットとデメリットを紹介していこう。

工事不要のため、工事のスケジュールを考えなくて済む(解約時も楽)

端末が届きさえすれば、後はコンセントに挿すだけでネットが使えるため、工事のスケジュールを考えるといった手間を省けるのは嬉しい。

引っ越しはただでさえ面倒な手続きが多いものなので、こうした手間は少しでも省きたいという人は多いはず。

解約時にも購入扱いになるため端末を返却する必要もないし、もちろん工事も不要のため、引っ越しが多い転勤家族にはかなりおすすめかもしれない。

「おうち割光セット」SoftBank のスマホユーザーはお得に使えるし、他社から乗り換えれば合計9,500円割引

プランに応じて割引額は異なるが、SoftBank のスマホユーザーは最大1,000円月額料金の割引を受けることができる。

ただ、この「おうち割光セット」を利用すると 1〜12ヶ月の間月額料金がプラス500円となる点に注意しておきたい。

大容量のプランを契約している人は総額500円月額料金が安価になるが、少ない容量のプランを契約している人にとってはそれほどお得感はない。

また、「おうち割光セットスタート割」というキャンペーンも存在し、他社から SoftBank に乗り換えれば契約解除料金の相当額(最大9,500円)が月額料金から割引となる(950円×10ヶ月)。

他社固定回線からの乗り換えで最大10万円の還元キャンペーン

他社からの乗り換えでかつ条件を満たした場合には違約金や撤去工事費用を還元してくれるキャンペーンも実施中。

対象となる条件を引用しておいたので参考に。

2016年5月18(金)以降に、新たに「SoftBank 光」または「SoftBank Air」(以下「対象サービス」とします)にお申し込みいただき、お申し込み日より180日以内に課金開始(契約成立)されたお客さま。

  • 対象サービスお申し込み時に、他社固定ブロードバンド回線または他社モバイルブロードバンド(以下、「他社サービス」とします)を利用しているお客さま。
  • 課金開始月を1ヵ月目として5ヵ月目の末日(以下、「特典適用確定日」とします)までに、以下の条件をすべて満たしたお客さま。
    • 他社サービス解約時に発生する違約金・撤去費用の金額が確認できる証明書※1を、ソフトバンク株式会社指定の方法で提出していること(証明書を郵送にて提出する場合は、特典適用確定日必着)。
      • ※1 証明書に記載の氏名は、キャンペーン対象者ご本人が契約者の場合お申し込み者氏名と同一、ご本人以外が契約者の場合、お申し込み者氏名の苗字と同一であることが必要です。
      • ※ ご提出頂きます証明書貼付シートの記載内容および、提出された証明書に不備があった場合には、特典適用の対象外となりますのでご注意ください。
      • 【他社サービス解約時に発生します違約金・撤去費用金額の証明】
        対象サービスにお申し込み時点で他社サービスを利用しており、その後他社サービス解約時に発生した違約金・撤去費用の金額が確認できる証明書、領収書・請求書※2(証明書を書類にて提出する場合は、各証明書類のコピー)
      • ※2 他社サービス提供事業者が発行したもので、以下の情報が記載されていることが必要です。
        • 他社サービスが確認できる情報(サービス名、プロバイダー名など)、契約者氏名、または回線設置先住所、違約金・撤去費用の項目および金額
      • ※ 紙請求書がなく、会員サイトよりご利用料金を閲覧しているお客さまは、必要情報が記載されているWEB画面のコピー
      • ※ 本キャンペーンの適用対象回線は1回線のみとなります。複数回線他社サービスのご契約があった場合でも、1回線分のみの違約金・撤去費用の合計金額にて、ソフトバンク株式会社が定めるキャンペーン金額設定により特典還元いたします。
      • ※ 証明書の提出は1回線につき1回限りとなります。複数回お送り頂いた場合でも最初のご送付分に記載された金額相当分のみ還元対象とさせていただきます。
  • 対象サービスご利用中のお客さま。
  • ご利用料金お支払い方法の登録が完了されたお客さま。
  • 毎月のご利用料金を支払期日までに入金いただいていることが確認できたお客さま。
    ※ 過去にソフトバンク株式会社が提供するインターネットサービスを解約し、解約日から6ヵ月以内に再申し込みされるお客さまには、本キャンペーンは適用されません。

※アナログ電話復活工事費はSoftBank 光お申し込み前に工事を完了している必要があります。

なお、このキャンペーンはソフトバンクエアーだけの特典というわけではなく、耳にタコができるほどおすすめしている「モバレコエアー」でも同様のキャンペーンが存在する。

光回線と比較すると速度が遅いのは否めない

ソフトバンクエアーの欠点となるのが通信速度。工事が不要なメリットの裏返しにはなるが、やはり遅くなってしまう(最新の端末「Airターミナル4」が使えないというのもあるし)。

とはいえ、口コミや評判を見る限りでは YouTube や Netflix のフルHDの動画を見る程度であれば問題ない速度は出ているので回線速度を重視する FPS などのオンラインゲームをする機会が多い人でなければ大丈夫なはずだ。

ソフトバンクエアーを契約するメリット・デメリットまとめ

ソフトバンクエアーを契約するメリット・デメリットまとめ
  • 工事が不要なので、端末さえ届けばすぐに使える
  • 「おうち割光セット」で SoftBank ユーザーは月々のスマホ代が安くなる
  • 他社からの乗り換えでも違約金は全額負担してくれる
  • 光回線などと比較すると、通信速度が遅い
  • 総合的にみて「モバレコエアー」の方がおすすめ(安いし最新の端末が使える)

ソフトバンクエアーの口コミや評判

続いてソフトバンクエアーを実際に使っている人の口コミや評判を紹介していこう。

ソフトバンクエアーの良い口コミ・評判

Twitterで検索してみたが、良い口コミは信頼できないアフィリエイトサイト以外にはまったく見つからなかった。これはひどい。

ソフトバンクエアーの悪い口コミ・評判

悪い口コミ評判はかなり多く見つかった。光回線よりも速度が遅いのは当たり前だしエリアによるところもあるのかもしれないので一概には言えないところもあるが、サポートの対応も良くないらしい。

これだと契約する気にはなれない。

ソフトバンクエアーよりも「モバレコエアー」の方が料金が安く、かつ最新の端末が使えるからおすすめ

まだこの記事は終わらないが、この見出し以下はソフトバンクエアーの申し込みの方法などの流れを紹介していくつもりなので、一旦まとめておく。

ここまで読んで「ソフトバンクエアーおすすめじゃないなら辞めるわ。さっきからおすすめしてるモバレコエアーはどうなん?」と思った人も多いと思うので一旦比較しておく。

サービス名ソフトバンクエアーモバレコエアー
使える端末Airターミナル3(旧機種)Airターミナル4(最新機種)
月額料金1〜12ヶ月:3,800円
13〜24ヶ月:4,880円
1〜2ヶ月:1,970円
3〜24ヶ月:3,344円
キャッシュバック額30,000円(当サイトから申し込んだ人限定)2,8000円(当サイトから申し込んだ人限定)
契約期間内の総額(2年間、初期費用込みの料金)77,160円52,508円

表を見るとその差は明らか。どう考えてもモバレコエアーを選ぶべき。

ネットで単に検索して出てきたサイトから申し込んでもキャッシュバックを受けることはできないので、モバレコエアーの契約を考えている人は必ず当サイトの以下のリンクから申し込もう。

ソフトバンクエアーの申し込み方法や利用までの流れ、解約方法など

ここからはソフトバンクエアーの申込み方法や利用までの流れを紹介していく。

申込み方法について。電話でも可能だが、WEBからの方が簡単

ソフトバンクエアー申し込みの手順
  1. 指定されたページから申し込み
  2. 情報の登録
  3. 端末が届く

申し込みは電話からでも可能だが、24時間受け付けていて面倒な会話もせずに済むWEBから行うことをおすすめする。

申し込みの後で、郵送もしくはSMSで登録のための手続きが必要となる。本人確認のための書類もこの時点で確認となるが、画像を添付するだけなので WEBで行おう。

登録完了後、端末が届くので後はコンセントに挿して接続すればすぐに使える。

ソフトバンクエアーについてのまとめ。モバレコエアーの方がおすすめ

ここまで読んでいる人はほとんどいないだろうが、一応まとめておく。

当サイトとしてはソフトバンクエアーは総合的にみておすすめできない。2年間の総額が安く、かつ最新の端末が使えるモバレコエアーの方がおすすめだ。

気になる人は詳細を書いた記事を置いておくのでチェックしておこう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください