今なら1年間無料キャンペーン中。ポケットWiFi代わりに使えておすすめ

ソフトバンクの格安新料金プラン「SoftBank on LINE」について徹底解説

3 min 24 views

つい先日、NTTドコモから月額2,980円で利用できる格安のプラン「ahamo」が発表されたのが記憶に新しいところだが、対抗する形で、ソフトバンクからも新料金プランが発表された。

それが「SoftBank on LINE」というサービス。ahamo と同じく月額2,980円で利用できる点では同じだが、「LINE」という名がついているとおり、アプリの使用時などにオリジナルの特典が受けられる。

せっかくなので解説しておきたい。

ソフトバンクの格安新料金プラン「SoftBank on LINE」について

まずは新料金プランの概要から紹介しておきたい。

ソフトバンクが 2020年12月末に発表した新料金プラン「SoftBank on LINE」は、従来の複雑な料金プランとは異なり、選択肢が月2,980円のみというシンプルかつ安価な料金プラン。

その名のとおり格安SIMサービス「LINEモバイル」を元にしたプランであり、LINEモバイルは新規受付を終了する。個人的に現在契約しているのが LINEモバイルなので複雑な気持ちだが、既存のユーザーはそのまま利用できるらしい。

サービス提供開始は 2021年3月から。なお、LINEモバイルは MVNOサービスであったためソフトバンクの回線を借りる形で提供されており、人によっては回線速度に不満を感じることもあったかもしれないが、「SoftBank on LINE」はソフトバンクの純回線が利用できる(「ワイモバイル」みたいなイメージ)。

5Gネットワークが月20GBで2,980円!「SoftBank on LINE」の料金やサービス内容など

というわけで料金やサービス内容について詳しく紹介していこう。

料金はシンプル。月額2,980円のプランのみ

サービス名SoftBank on LINE
月額料金2,980円
契約事務手数料ソフトバンクグループ内での移行なら無料
番号移行手数料ソフトバンクグループ内での移行なら無料

SoftBank on LINE の料金プランは非常にシンプルで、月額2,980円のプランのみ。

なお、ソフトバンクやワイモバイルといった感じで、ソフトバンクグループ内からの移行であれば契約事務手数料や番号移行手数料は無料となる。

従来は端末とのセット割引や契約期間に応じて月額料金が段階的に値上げされたりといった感じで複雑な料金プランが多かったが、SoftBank on LINE に関してはそういった類のことは一切なく好印象。

なお、端末のラインナップはまだ発表されていないのだが、個人的には端末が SIMフリーだとありがたい。Google の Pixelシリーズなんかは出るんじゃないかと期待している。

月に使えるデータ量は20GBで、LINEのトーク・通知はデータ消費なし。「5G」対応で速度制限時でも最大1Mbpsで利用可。

データ容量月20GB
ネットワーク4G/5G
LINEアプリ利用時トークや通話利用時のみデータ消費なし
速度制限時下り最大1Mbps

SoftBank on LINE で月に使えるデータ容量は 20GB。私が利用している『LINEモバイル』は月1,600円ほどで 3GBしか使えないことを考えれば、これだけで乗り換える価値がありそう。

また、ネットワークに関してもソフトバンク回線の 4G 及び 5G に対応しており、MVNO と比較するとかなり高速になることが期待できる。保証されるわけではないが、速度制限時でも下り最大 1Mbps と YouTube のフルHD 動画くらいならストレスなく見れる速度を維持してくれるのも嬉しい。

LINEモバイルは LINE や Twitter、Instagram といった各種 SNS の利用時にはデータ通信量が消費されないのだが、私の場合は月20GBもあれば使い切ることはなさそうだし、速度制限時にもある程度の速度を維持してくれるのであれば問題なし。

1回あたり5分以内の国内通話が無料

LINEモバイルに限らず、格安SIM は電話料金が無料となるオプションに加入していなければ基本的には通話料金がかかってしまう。

私自身、電話が多くなった月は 3,000円近く支払うことになったこともあるので、意外と見逃すことはできないのだが、SoftBank on LINE は 1回あたり 5分以内の国内通話が無料となる。ちなみにこれは ahamo も同じ仕様。

私の場合はちょっとした連絡くらいなら 5分もあれば十分だし、これはかなり嬉しい。

eSIM向けのプランもある

ahamo にはない特徴のひとつとしてSoftBank on LINE には eSIM 向けのプランも存在することが公式サイトに明記されている。

ahamoのように海外での利用は想定されていない

ahamo は月20GB の範囲内であれば対象の国や地域で追加料金なしでデータ通信が利用できるのだが、SoftBank on LINE の場合は利用できない点に注意。

海外での利用を想定していない人にとってはそれほどメリットでもないかもしれないが、回線の安定性などを考慮すれば ahamo を選んだほうがいい気がする。

店頭での申込み、サポートを受けることはできない

ahamo と同じく、店頭での契約や契約後のサポートを受けることができず、基本的にはオンラインでのやり取りになるという点には注意が必要だ。

格安SIM をイメージしてもらえるとわかりやすいのだが、スマホやネットに関しての知識が乏しい人には契約をおすすめできない。

これまでに格安SIM を利用していた人など、ある程度の知識がありトラブル時にも自分で対応できる人は安定して高速な通信速度が期待できるため、契約を検討することをおすすめしたい。

ソフトバンクの格安料金プラン「SoftBank on LINE」についてのまとめ

というわけで 2020年12月に発表されたばかりの新料金プラン『ahamo』を紹介してみた。

格安SIM とは異なり、ソフトバンクの 4G/5G ネットワークを安定した速度でかつ月2,980円で使えるという点で、現状ではかなりコスパの高い料金プランとなっている。

個人的にはドコモの回線の方がエリアも広く、安定性にも信頼がおけるため契約するなら ahamo だと思っているが、今後 au からも同様のプランが出るはず。

サービス開始は 2021年3月から。気になる人は公式サイトなどをチェックしておこう。

なお、サービス開始までにもうしばらく期間があるため、各社の動きにはこれからも目が話せない。各社の新料金プランについては以下の記事で紹介しているため興味のある人は読んでもらいたい。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください