【最安のポケットWiFi】在庫が無くなる前にチェックしておこう

WeBe!(ウィ・ビー)WiFiは契約するな!デメリットを他社と比較しながら紹介

5 min 9 views

自宅や旅先で気軽に、楽しくネットを楽しむためにポケットWiFi の契約を考えているけれど、「どのサービスを選べば良いのか分からない」という人は少なくないはず。

最近ポケットWiFiサービスがだんだんと増えてきており、価格競争により安価な価格で利用できるようになったのが嬉しい反面、サービス内容が複雑化しており、正直分かりづらい。

そういった人たちのために「本当におすすめのサービスはどれか」を徹底的に解説していく目的で当サイトを開設した。

そのためには数あるサービス1つ1つを知っておく必要があるのだが、今回は2020年1月に発表されたばかりのサービス「WeBe!(ウィ・ビー)WiFi」を紹介していこう。

WeBe!(ウィ・ビー)WiFi とは

WeBe!(ウィ・ビー)WiFi とは、株式会社ABC が運営するポケットWiFiサービスのこと。

月額3,280円と業界最安に迫る料金で使えるだけでなくキャッシュバックも受け取れるのだが、1日5GB使うと速度制限がかかってしまったりとかなり癖のあるサービス。

まだ開始したばかりのサービスであり今後サービス内容が変更となる可能性はあるが、当サイトとしては他社と比較するとおすすめはできない。

当サイトとしては月額料金最安で利用できる「BBN WiFi」もしくは契約期間の縛りのない「クラウドWiFi東京」をおすすめしたい。

WeBe!(ウィ・ビー)WiFi を契約するメリット・デメリット

いきなり否定から入ってしまったが、WeBe!(ウィ・ビー)WiFi のサービス内容を他社と比較しながら紹介していこう。

初期費用について。端末保証金が高額過ぎる

初期費用合計33,000円
契約事務手数料3,000円
端末保証金30,000円

WeBe!(ウィ・ビー)WiFi の初期費用として支払う必要がある金額は上の表のとおり。

契約事務手数料は他社と同額だが、新品の端末をレンタルで貸し出すという形を取っているため端末保証金を支払う必要があり、これが 30,000円と高額。

後に紹介する「安心サポート」に加入すれば半額となるものの、他社でこのような仕組みを設けているところは見かけない。もちろん解約時には返却されるが、正直これだけで契約するハードルが高くなる感じは否めない。

月額料金は他社と比較すると安価

月額料金3,280円

料金プランはシンプルに 1種類だけで、月額3,280円。3,280円といえば無制限で使える「Mugen WiFi」の格安プランと同じ料金。

金額だけなら他社と比較すると安い方ではあるが、サービス内容を総合的に踏まえるともっとお得なサービスはたくさんある。

個人的には「BBN WiFi」がおすすめ。無制限で使えるだけでなく、月3,250円と業界最安の料金で利用できるだけでなく、画面のある最新の端末も使えるからだ。

契約期間や解約金について

契約期間3ヶ月
3ヶ月以内に解約した場合9,870円

WeBe!(ウィ・ビー)WiFi の契約期間は3ヶ月のみで、違約金は表のとおり。

他社では 2年もしくは3年の契約期間の縛りが存在し、自動更新となっているところも多いためこれは良心的。

とはいえ「クラウドWiFi東京」というサービスなら月額3,380円とそれほど変わらない月額料金で契約期間の縛りなく利用できるためそれほどお得感はない。

解約の方法と注意事項

解約は以下「解約申請フォーム」より申し込むだけなので簡単。

解約申請フォーム

なお、解約は当月20日までが期限になっていることに注意。先ほど紹介したとおり、 3ヶ月以内に解約した場合には違約金もかかるので、最低でも3ヶ月は利用した後に解約しよう。

23,500円のキャッシュバックキャンペーン中だが、全額もらうための条件が厳しい

期間キャッシュバック額
1年目5,500円
2年目8,000円
3年目10,000円

WeBe!(ウィ・ビー)WiFi は契約している期間に応じてキャッシュバックがもらえるキャンペーンを実施している「キャッシュバック」と聞くと一見お得に感じてしまうかもしれないが、WeBe!(ウィ・ビー)WiFi の場合は全くお得ではない。

契約期間に応じてキャッシュバック額がもらえるという仕組み上、本来3ヶ月で解約できるのにこれがあるために契約期間を縛っている。また、条件や手続きが面倒なところも見逃せない。

キャッシュバック適用条件キャンペーン期間内に申し込む
お支払い方法の選択項目で「クレジットカード払い」を選択
契約と同時に、「安心サポート」に加入
キャッシュバック特典の振込み日まで契約解除することなく継続
手順に従って、メール記載事項(お受け取り口座情報等)を申請期限内に入力
注意事項申請期限月より前に申請した分は対象外
キャッシュバックの振込みタイミングで、解約されている場合は対象外
契約と同時に、「あんしんサポート」のサポートオプションに加入していない場合は対象外
申請期限内に手順に従って、申請メールを送信しなかった場合は対象外
申請先メールアドレスを間違えるなどの手順に不備がある場合は対象外
申請した振込み口座情報に不備があり、キャッシュバックをお振込みできない場合は対象外

キャッシュバックを受け取るための条件と注意事項は上の表のとおり。

一見簡単に見えるかもしれないが「安心サポート」に加入すると月500円かかるため月額料金が割高になってしまうだけでなく、受け取るための申請に期限が設けられているところも面倒。

契約期間に応じてキャッシュバック額が異なるため、1年毎に申請しなければならないところも面倒だし、最大23,500円と言われてもこの条件なら申し込む気にならない。

SoftBankの LTE回線が使えるが、1日5GBだけしか使えない

SoftBank公式サイト」より引用

WeBe!(ウィ・ビー)WiFi は SoftBank の LTE回線が使える。WiMAX と比較すると地下鉄や屋内で繋がりやすく、エリアが広い点はメリット。

公式サイトには大きく「通信無制限で使い放題!」と記載されているが、実際は1日5GBしかデータ容量が使えないのには注意(この表現は悪質。運営している会社を疑ってしまう)。

5GBという数字はネットサーフィンだけならさほど問題はないかもしれないが、動画を見る人だとすぐに使い切ってしまうので、どうせなら無制限使えた方がいいに決まっている。

個人的におすすめなのは「BBN WiFi」というサービス。

SoftBank だけでなく、docomo や au のLTE回線が無制限で使えて、月額3,250円と業界最安の料金。現在コロナウイルスの影響もあり他社では在庫不足のところも多いようなので、気になる人は早めに申し込んでおこう。

取扱端末は『U2s』1種類のみ。同様のサービスを提供している他社と同じ製品なのである意味安心感はある。

端末U2s
通信速度下り最大:150Mbps
上り最大:50Mbps
連続通信時間約12時間
同時接続台数最大5台
端末の重量約151g

端末の詳細はこんな感じ。速度に関しては WiMAXの最新端末と比較するとやや物足りない感じはあるが、よほどのガジェットオタクでない限りは性能としては十分なはず。

唯一不満があるとすれば液晶画面がなく、大まかな電池残量と電波の強さしか分からない点くらいだろうか。どうしても液晶画面のある高機能な端末を求めるのであれば「BBN WiFi」を選ぼう。

安心サポート(端末保証)について

安心サポート月500円(初期費用で15,000円払っている)
サポート内容紛失や水没、画面割れに対して交換などの対応

初期費用のところで説明したが、端末保証金を支払っているにも関わらず、安心サポートが用意されている。

安心サポートに加入すれば初期費用として支払う端末保証金が半額になるのだが、15,000円払った上にさらに月500円支払う必要があるところが解せない。

月額料金が安いことをアピールしているが、いろんなところでユーザーが支払う料金を増やそうとしているのが目に見える。

繰り返しになるが、当サイトとしては WeBe!(ウィ・ビー)WiFi は契約することをおすすめしない。

WeBe!(ウィ・ビー)WiFi はおすすめしない。「ポケットモバイルCloud」もしくは「クラウドWiFi東京」がおすすめ

WeBe WiFi の特徴まとめ
  • 月額料金は他社と比較すると安い
  • 契約期間が短い(キャッシュバック受け取りの条件で縛っている)
  • 初期費用が高すぎる(端末保証金30,000円)
  • キャッシュバック受け取りのための条件が厳しく、面倒
  • サービス内容全般として、契約する価値はない

この記事ではWeBe!(ウィ・ビー)WiFi のサービス内容を詳しく紹介してきたが、総合的にみて契約するのはおすすめできない。他社の方が安く、お得に利用できるからだ。

サービス名月額料金特徴
ギガWiFi3,250円
3,480円
端末によって選べる3つのプラン
どの端末を選んでも業界最安
運営元が大手
BBN WiFi3,250円
3,480円
端末によって選べる2つのプラン
どちらの端末を選んでも業界最安
クラウドWiFi東京3,380円契約期間の縛りなく使えるサービスとしては最安(現在申し込み停止中)
ポケットモバイルCloud 3,250円月額料金最安だが「無制限で使えない」という口コミや評判を見かけるためおすすめできない
よくばりWiFi3,450円月額料金2ヶ月無料
カード入会で6,000円キャッシュバック
hi-ho GoGo Wi-Fi3,355円現在申し込み停止中
ZEUS WiFi3,280円キャンペーン中で6ヶ月間は業界最安。
オリジナルの端末「H01」が使える
まるっとWi-Fi3,280円〜同社のサービスと併用すれば月額料金から割引
Mugen WiFi3,280円現在受け付け停止中
THE WiFi3,380円5G対応予定
無料でWiFiスポットが使えるプランあり
スマホドッグWiFi3,480円契約期間の縛りなく使える
最新の端末「G4」が使えるサービスとしては最安
どんなときもWiFi3,480円口座振替が可能
めっちゃWiFi3,480円現在申し込み停止中
Chat WiFi3,380円契約期間の縛りなし
初期費用が高い
限界突破WiFi3,500円端末が信頼できない
hy-fi(ハイパーマルチWiFi)3,880円現在申し込み停止中
FUJI Wifi(クラウドプラン)3,980円契約期間の縛りなし

契約期間の縛りを気にしないという人には、月額料金最安で利用できる「BBN WiFi」がおすすめ

表をみてもらうと明らかだが「BBN WiFi」は数あるクラウドWiFi サービスの中でも月額料金最安で利用できる(単純に料金だけで比較すると「ポケットモバイルCloud」や「ギガWiFi」も最安だが、サービス内容や口コミなど総合的にみるとおすすめはできない)。

また、口コミや評判に悪いものを見かけず信頼感が置けることや、画面上で使用状況が確認できる最新の端末「G4」が最安で使えるサービスであるという点も見逃せない。

コロナウイルスの影響で他社では端末の在庫が不足しているところも多いと聞いているが「BBN WiFi」に関してはまだ在庫があるようだ。

とはいえ、需要のある時期のためいつ在庫が不足するかわからないし、需要が増えれば値上げする可能性もある。

今のところは悪い口コミや評判も見かけないし、気になっている人は今すぐにでも以下のリンクから申し込んでおくことをおすすめする。

契約期間の縛りなく使いたいなら「クラウドWiFi東京」がおすすめ

契約期間の縛りなく使いたいなら「クラウドWiFi東京」というサービスもおすすめだ。

契約期間の縛りなく月3,380円で使える上、国内ではトリプルキャリア(docomo・au・SoftBank)の回線がエリアに応じて自動で切り替わる。

やや月額料金は高くなってしまうのだが、「契約期間の縛りがない」という最大のメリットがある。こちらも気になった人は早めに申し込んでおくことをおすすめする。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください