【契約期間の縛りなし】現状最もコスパの高い無制限ポケットWiFiをチェック!

月3,380円で契約期間の縛りなく使えるのは今だけかも!?

Click here!

【2020年1月最新版】国内・海外両方で使えるクラウドWiFiサービスのおすすめまとめ

モバイルWiFi

自宅や旅先で気軽に、楽しくネットを楽しむためにモバイルWiFi の契約を考えているけれど、「どのサービスを選べば良いのか分からない」という人は少なくないはず。

最近は国内外で使えるモバイルWiFi サービスは増えてきており、いちいち海外に行くためだけにその都度 WiFi サービスを契約する必要がなくなったのは便利だが、段々とサービスの数が増えてくると正直どれが一番良いのか分かりづらい。

そういった人たちのために「本当におすすめのサービスはどれか」を徹底的に解説していく目的で当サイトを開設した。

これまでにいくつか記事を書いてきたが、今回はそのまとめ。2020年1月時点での国内外兼用で使えるクラウドWiFi サービスを比較して最もおすすめなサービスはどれかを紹介したい。

国内・海外で使えるWiFiのしくみ|クラウドWiFiサービスとは?

どんなときもWiFi公式ページより引用

そもそも「国内だけならまだしも、海外でもWiFi が使える」というのはどういうことなのか。これから紹介するサービスはいずれもクラウドSIM を採用した端末を利用することになるのだが、その仕組みをちょっとだけ紹介しておきたい。

クラウドSIM とは、国内では大手キャリア(docomoやau、SoftBank)、海外ではその国や地域にあるキャリアの回線に自動で切り替えてくれるという仕組みのことで、それぞれの地域で最適な回線に自動で切り替えてくれるので、高速でかつ安定して快適にネットを使うことができる。

サービスによっては国内のみで使える ポケットWiFi サービス(WiMAXなど)の有名どころよりも安く利用できてしまうくらいなので、海外利用を考えていない人にもおすすめだ。

国内・海外で使えるクラウドWiFiサービスおすすめランキング

順位サービス名月額料金2年間総額
1位hi-ho GoGo Wi-Fi3,355円77,165円
2位よくばりWiFi3,450円79,700円
3位Mugen WiFi3,280円81,720円
4位クラウドWiFi3,380円85,100円
5位どんなときもWiFi3,480円86,520円
6位めっちゃWiFi3,480円86,520円
7位Chat WiFi3,380円89,600円
8位限界突破WiFi3,500円84,000円
9位

 hy-fi(ハイパーマルチワイファイ)

3,880円96,120円
10位FUJI WiFi(クラウドプラン)3,980円98,520円

 当ブログでこれまで紹介してきたサービスを比較して順位付けするとこんな感じ。それぞれのサービスによって特典が異なるため、月額料金だけで比較したわけではない。

この記事ではそれぞれのサービスのポイントだけを紹介していくが、詳細記事のリンクも用意しているので、気になった人はそちらもチェックしておこう。

当記事では国内利用時の月額料金のみで海外利用時の料金は記載していないが、海外利用時の料金はどこもほぼ同じ(エリア毎に異なるが、概ね1,000円〜1,500円/日)なのであえて記載していない。個別記事には記載しているので、気になったサービスがあれば読んでおこう。

【1位】hi-ho GoGo Wi-Fi

hi-ho GoGo Wi-Fi の特徴
  • 1月末まで初期費用、初月月額料金無料のキャンペーンを実施中
  • キャンペーンにより契約期間内の総額が現状最安の料金
  • 国内ではトリプルキャリア(docomo・au・SoftBank)対応
  • 総合的にみてクラウドWiFiサービスで最もおすすめなサービス

2020年1月現在、初期費用と初月の月額料金が無料となるキャンペーンを実施中であり、契約期間(2年)の総額が他のサービスと比較して最安となっている。

キャンペーンは1月末までだが、在庫が不足すれば早期に終了となる可能性もある。契約を検討している人は今すぐにでも公式サイトをチェックしておこう。

【3位】よくばりWiFi

よくばりWiFiの特徴
  • 国内では SoftBank の回線のみ
  • 月額3,450円と安い値段で使える
  • 最大2ヶ月間月額料金が無料となるキャンペーン中
  • NTTグループカードへの新規入会で6,000円のキャッシュバックもあり

続いて紹介するのは よくばりWiFi 。株式会社エクスゲートが運営するサービスで、月額料金は3,450円(プランもこれだけとシンプル)。

月額料金が最大2ヶ月間無料でかつNTTグループカードへの新規入会で6,000円のキャッシュバックという特典も受けることができる点が特徴で、月額料金だけで他社と比較するともう少し順位が下がってしまいそうだが、このキャンペーンにより総額が安くなり2位となった。

国内では SoftBank の LTE回線のみしか使えないという点には注意が必要だが、クラウドWiFiサービス全般に言えることとして、トリプルキャリア対応でも実際は SoftBank 回線に繋がることが多いため、大きなデメリットとは言えない(エリアによる)。

【3位】Mugen WiFi

Mugen WiFi の特徴
  • 月額料金だけでみると、クラウドWiFiサービス最安
  • 国内ではトリプルキャリア(docomo・au・SoftBank)対応
  • 全額返金キャンペーン中であり、30日間のお試し利用が可能
  • 情報を画面で確認できる最新の端末(G4)が使える

月額3,280円という数字は、クラウドWiFiサービスに限らず国内で使えるすべてのポケットWiFiサービスと比較しても最安に迫る料金。

海外利用時に便利な翻訳・モバイルバッテリー機能を備えた最新の端末を使うこともできるし(ちなみにこの端末が使えるのは当サイト調べでは2社のみ)、初めてこの手のサービスを利用するため不安だという人は30日間のお試し利用も可能。

総合的にみてかなりおすすめのサービスであることは間違いないが、契約期間(2年)の総額で考えると最安とは言えず 3位とした。

【4位】クラウドWiFi(WiFi東京)

クラウドWiFi の特徴
  • 契約期間の縛りなく利用できる
  • 月額料金も安い(3,380円)
  • 国内ではトリプルキャリア(docomo・au・SoftBank)対応
  • 初期費用がやや割高

月3,380円と安価な料金で利用できるだけでなく、契約期間の縛りがないところが最大の特徴のサービス。

開始したばかりのサービスということもあり運営元に信頼感がない点にやや不安があるが、クラウドWiFiサービスで契約期間の縛りなく利用できるサービスは多くなく、月額料金も WiMAX などと比較すると安いので、実はかなりおすすめ。

2年間の総額では他社に劣るため4位としたが、契約期間がないので短期的な契約を考えている人は検討してみても良いかも。

【5位】どんなときもWiFi

どんなときもWiFiの特徴
  • シンプルに月額3,480円のプランのみ
  • 国内ではトリプルキャリア(docomo・au・SoftBank)対応
  • この手のサービスでは先駆け的な存在であり、安心感がある
  • 口座振替での支払いが可能

第5位は どんなときもWiFi 。トリプルキャリアに対応しており、月額料金も平均的だが、知名度は段違い。

クラウドWiFiサービスでは先駆け的なサービスであり、今田美桜や佐藤二朗が出演しているCMが地上波でも流れているおり、信頼感がある。

口座振替ができる点も見逃せないメリットだが、総額では安くはないので 5位となった。

【6位】めっちゃWiFi

めっちゃWiFiの特徴
  • 月額3,480円のプラン1種類のみ
  • トリプルキャリア(docomo・au・SoftBank)対応
  • その他特記すべきところがない

第6位は めっちゃWiFi 。スマートモバイルコミュニケーションズが運営しているサービスだが、どんなときもWiFi と同様、その他のサービスと比較すると敢えて契約する理由もない。

どんなときもWiFi とサービス内容としてはほぼ同じだが、最近開始したばかりのサービスであることもあり 6位とした(めっちゃWiFi は口座振替ができない)。

【7位】 Chat WiFi

Chat WiFiの特徴
  • クーポン利用で月額3,380円から利用可能
  • 回線は SoftBank の LTE回線のみ
  • 契約期間の縛りがなく、解約時に違約金がかからない
  • 海外利用はチャージ式であり、必要なデータ容量に応じた利用は不可

第7位は Chat WiFi(Chat WiFi には国内利用のみの SIMプランも存在するが、この記事の内容にはそぐわないのでここでは取り上げない) 。

契約期間の縛りがなく解約時に違約金がかからず気軽に使えるというのはサービス開始当初からあったメリット。月額料金がネックであったのだが、最近になって月額料金が5,500円から3,380円となった。

海外利用時の料金がチャージ式であり、しかも高い(1GBで5,000円かかる)のもデメリットの1つだが、先ほど紹介した「クラウドWiFi」が開始となり悪い意味で目立たないサービスになった。

【8位】限界突破WiFi

限界突破WiFi の特徴
  • 本体料金・契約事務手数料は無料
  • トリプルキャリア(docomo・au・SoftBank)対応
  • 月額料金が高い(月3,500円)
  • 独自のルーター端末「jetfon P6」の評判がすこぶる悪い
  • 全国各地に実店舗がある

他のクラウドWiFi サービスと比較して月額料金が高いだけでなく、ルーター端末の安定性が良くないためか、口コミや評判が悪く決しておすすめはできないサービスだ。

唯一のメリットとしては全国各地に実店舗があることだが、肝心の端末が使い物にならないのであれば意味はない。

【9位】hy-fi(ハイパーマルチワイファイ)

hy-fi の特徴
  • 月額料金が高い(月3,880円)
  • 無制限ではない(月300GB)
  • 最新の端末「G4」が使える
  • トリプルキャリア(docomo・au・SoftBank)対応

他のクラウドWiFi サービスは無制限であるところがほとんどだが、 hy-fi(ハイパーマルチワイファイ)は無制限ではなく月300GB まで。

月3,880円と他社と比べて高額な月額料金も見逃せないし、いくら最新の端末「G4」が使えるからといっておすすめはできない。

どうしても「G4」が使いたいのであれば同じ端末が使える「Mugen WiFi」をおすすめしたい。

【10位】FUJI Wifi(クラウドプラン)

FUJI Wifi(クラウドプラン)
  • 月額料金が高い(月3,980円)
  • トリプルキャリア(docomo・au・SoftBank)対応
  • 契約期間の縛りなく使える

ポケットWiFi の業界ではかなり知名度のある FUJI Wifi にもクラウドWiFi サービスが存在する。

契約期間の縛りなく使えるのは大きなメリットだが、月額料金が高すぎるので敢えて契約する理由はない。契約期間の縛りが気になる人は「クラウドWiFi」を選ぼう。

国内・海外で使えるおすすめのモバイルWiFiルーターまとめ

最近国内外兼用で使えるクラウドWiFi サービスが増えてきており、いちいち海外に行くためだけにその都度 WiFi サービスを契約する必要がなくなったのは便利だが、段々とサービスの数が増えてくるとどれが一番良いのか分かりづらい。

それなら主要なサービスは全部調べて、比較しようと考えたのがこの記事を書いたきっかけだ。

本記事でのランキングは2019年1月時点での結果であり、今後新しいサービスが出てきたり既存のサービスの内容が変更となる可能性もある。

とはいえ、今探している人にとっては間違いなくこの結果で不満のないように比較したつもりなので、気になったサービスがあった人は詳細記事を覗いてみてほしい。

当ブログで1番のおすすめは「hi-ho GoGo Wi-Fi」だ。

当サイトではクラウドWiFi サービス以外にも、国内のみでの利用を検討している人向けにポケットWiFi サービスを比較した記事も用意している。

人によっては今回紹介したサービスよりも安く利用できるものもあるため、国内のみでの利用を検討している人は読んでみてほしい。

WiFi博士

WiFiを愛し、WiFiに愛されたいおじさん、それがWiFi博士。家電量販店や大手キャリアでの通信販売経験もなく専門家でもないが、誰よりもWiFiサービスについて詳しくなって、このサイトを訪れてくれた人のために世の中のWiFiサービス複雑過ぎてよくわからん問題を解決したいと思っている。

モバイルWiFi
モバイルWiFi研究室

コメント